植物

必殺削り人と肥後守(ひごのかみ)

今日は肥後守(ひごのかみ)という折りたたみ式のナイフについて書きます。 みなさんもご存知ではないでしょうか。 kame710.hatenablog.com カメキチさん、ありがとうございます。 カメキチさんのおかげで懐かしい日々を思い出しました。この「懐かしい」と…

二つ折りの恋文ー蛾も仲間です! ヘッセ『少年の日の思い出』

先日NHK「ダーウィンが来た」を見ていたら巨大な虫たち、擬態する虫たちを紹介していた。 ご覧になったかた、いらっしゃいますか。 cgi2.nhk.or.jp 蛾! 30cmくらいもあるというヨナグニサン(Attacus atlas)の迫力にあらためてびっくり!「ヨナグニ」から…

七月の園芸家 マラルメ・詩人の庭 -2-

日が空いて間が抜けてしまいましたが、前回の続きです。 七月の園芸家 『フランドルの四季暦』フランドルの四季暦 :マリ・ゲヴェルス,宮林 寛|河出書房新社 の中でマリ・ゲヴェルス(1883 -1975、写真)は七月という月を高らかに謳いあげるのですが、その中に…

二つ折りの恋文 & 七月の園芸家 -1-

二つ折りの恋文 あ、蝶の話だなとすぐにわかってくれた人、ありがとう。去年も読んでくれた人ですね。二つ折りの恋文-1- ルナールの「博物誌」 - ベルギーの密かな愉しみ 「蝶 二つ折りの恋文が、花の番地を捜している」 *拙ブログには「蝶・二つ折りの…

オバマ氏は面接にも呼ばれないかもしれない テロ関連-4-

センセーショナルなタイトルだが、正確には次の条件節を頭につけてほしい。 「もしもオバマ氏がフランスに住んでいて、就職活動中の25歳の青年だったら」 パリ 地下鉄シテ駅 就活はまず履歴書を送ることから始まる。みなさんは何通、何十通くらい用意しただ…

サボテン&猫たち(5月27日) アゲハ蝶が飛んだ(5月30日) 

*別ブログの日記を保存しています。 アゲハ蝶が飛んだ 5月29日 今日蝶が2匹羽化しました。 毎朝そお~っとカーテンを開けます。 朝の5時ころ、もうかえって、羽を乾かしていました。ああ、美しい、とうっとり見ていたのも束の間、あっという間に飛び去って…

薔薇と銀座 旧古河庭園・奥野ビル ほか

薔薇と銀座 東京散歩 植物 5月23日 春バラを見に行ってきました。 といっても歩いて行けるほど近いんですが、東京では有名な庭園のひとつに数えられ、規模が大きくないのと西洋庭園、日本庭園のふたつがあるので気に入っています。 小規模と書いたように、10…

二つ折りの恋文-1- ルナールの「博物誌」

(アゲハ蝶のサナギ2匹。恋文になる日を待つ。5月21日撮影) 今日は蝶の話です。虫が苦手な人はパスしてね。 5月23日はキスの日ラブレターの日火葬禁止令廃止の日チョコチップクッキーの日世界カメの日リボンナポリンの日等の日 - 春夏秋冬、風に吹かれて無…

はらぺこあおむし&フレンチのお店 ル・トロケ(Le Troquet)

はらぺこあおむし 今朝一匹、さなぎの準備をしていた。 あとの2匹もそろそろかな。食欲旺盛ではなくなっているので。 あと一匹もたぶん明日は・・・ ホームレスのミュージシャンを助けた猫 ボブ。 karapaia.livedoor.biz 植物 朝顔も楽しみ! ラベンダーと撫…

ゴージャスな姻戚 ツェッペリンとシーボルト

Led Zeppelin「天国への階段」が大好き!なのに盗作疑惑って?裁判の行方が気になります。どなたか知っていらっしゃるかた、教えてください。 www.theguardian.com 追記:一件落着したもよう。 Led Zeppelin、洒落たバンド名の由来 キース・ムーン(ドラムス…

王様の温室見学とシーボルト

アジサイの季節がやってくる。 アジサイは私の中でいつもシーボルトと結びついている。この結びつきが起こる前は、シーボルトは教科書に載っていたドイツ人医師、それ以上の知識も興味もなかった。 写真は王様の温室のアジサイ。 まずはベルギーの王様のお住…

カフカと踏切と世界の青春

カフカ 図書館に行く道で。 カフカ 変身(かわりみ) www.shueisha.co.jp カフカを集英社文庫「ポケットマスターピース」多和田さん訳で読み直している。 若いときには全く気づきもしなかったサラリーマンの本音。 (p11)自分もそういう生活がしたいなんて…

何でもない日 昭和を捜して(+ラーメン屋)

*別ブログの日記を保存しています。 朝は蘭・仏語新聞に目を通すのだが、毎日お花が見られて嬉しい。 ベルギーのゲントという町で、4年に一度のフロラリアという花の祭典を開催している。 今年2016年は日本ベルギー友好年(*)なので、日本テーマの展示も…