猫と植物

ノラの仔猫エリその後 &猫って撫でたり抱っこできなくてもいいんだね。

ノラ猫との交情の日々を書いたノラの仔猫 ひと夏のお客さん は多くの人に読んでいただいた。アナリティクス(*下の表)で見ると9600pv(ページビュー)だった。後編ノラの仔猫 エリとの別れ も読んでくださった方は6000以上いらしたようだ。つい最近も、あ…

犬カフェ &ストーブとCiaoちゅ~るの魔力からは逃げられません。

フランスの犬カフェ Le WAF 前回スパイダーマンの相棒は猫 &世界一可愛い魚屋さん に続き、今日も明るい話題で暗い日本を照らします(笑)。 Crédits : Le WAF Café このフランスのサイトhttps://creapills.com/、前回も紹介したが、世界のあちこちから拾っ…

スパイダーマンの相棒は猫 &世界一可愛い魚屋さん

前回に続き、今日も皆さんを笑顔にする話題を❢ 「小ネタ」ってみなさんよく使っているけど、あれは自分と周辺のことに限られるもの?定義がイマイチわかっていない私である。 まあその「小ネタ」は持ち合わせがないんだけど、私がよく見ているフランスやベル…

どんぐりの落し物を届けたら…どんぐりの中の虫を育てるには?&本棚のなかの世界

遺失物窓口に届けられた「どんぐり」のお話 気落ちするニュースばかりの劣化&衰退途上国ニッポン。だがときにはほっこりするような話を読んで救われた気持ちになる。今日は楽しい話題だけ。 みなさんも子どもの時、どんぐりやきれいな葉っぱや松ぼっくりな…

昆虫も鳥も減ったね。わが家の小さな自然-3- 蝶・メダカ・オオウバユリ

虫が少なくなった。 よく家族で話題にしている。もう10年以上経つだろう。毎年繰り言のように同じことを…。虫が好きでない人はどう感じるのかわからないが、私はけっこう深刻に受け止めている。東京都心は意外に緑が多く、虫も鳥もけっこう身近な生き物だ。…

ノラの仔猫 エリとの別れ (後編)

(前回の続きです) 「エリちゃん来た!」 わが家の朝はその仔猫が来たときに始まる。たまに朝焼けを連れて5時過ぎに現れることもあった。窓からのぞいて報告するのが私の役目、いや特権だ。たいていは6時から7時の間に玄関前の、ヤマホロシの枝から下がっ…

ノラの仔猫 ひと夏のお客さん (前編)

体調を崩して沈んでいた話 ちょうどチューバッカが、レイア姫やR2-D2のところに逝ったあの時期と重なるが、過労と腰痛で寝込んでしまった。4月末のことである。ギリギリで母の日のプレゼントを買ってきてそのままダウン…。 美しい5月はまるまる棒に振った。6…

黄色ベスト運動も終盤?マクロン任期第二幕も目が離せない。黄色ベスト-2-追記:是枝裕和監督

怒りの集積所、黄色ベスト運動は…。 *前の記事:マリアンヌの壊れた顔も象徴 &北海道の女子高生がフランスで主役だった話 黄色ベスト-1- -続き。 毎日黄色ばかり見ていてさすがに飽きた(笑)。 ところで皆さんも安全ベスト(反射ベスト)をお持ちだろうか…

わが家の小さな自然 -1- 草花

(*写真ブログから記事を移動させています) 5月ころのコラージュです。 特筆すべきは左上の白い花、デンドロビウム。引っ越しをするかたから戴いたのですが、その時は葉もひどく色が悪くて「このまま枯れちゃうのかな」と心配でした。しかし日当たりのよ…

浸透する日本のアニメ・マンガ 二世代で楽しめる魅力-1- (こねこのチー・火垂るの墓)

フランスはじめヨーロッパの国々では、私には思いがけない大ヒットアニメ・漫画が生まれます。あくまでも個人的な感想なので、「私には」とお断りさせていただきます。 まずこちらの猫のチーのお話、皆さんもご存知でしょうか。 『チーズスイートホーム』(…

ボブという名の猫 鉄の意志をもつ茶トラ

こちらの映画を見にいきました。もうみなさんもご存じのストーリーだと思います。 SPYBOYさまもレビューを書いています。写真がたくさんあって楽しめますよ。ストーリーもこちらでお読みください 報道特集『医療的ケア児と教育』と映画『ボブという名の猫』…

必殺削り人と肥後守(ひごのかみ)

今日は肥後守(ひごのかみ)という折りたたみ式のナイフについて。 みなさんもご存知ではないでしょうか。 カメキチさん、ありがとうございます。カメキチさんのおかげで懐かしい日々を思い出しました kame710.hatenablog.com この「懐かしい」というのは、…

二つ折りの恋文ー蛾も仲間です! ヘッセ『少年の日の思い出』

先日NHK「ダーウィンが来た」を見ていたら巨大な虫たち、擬態する虫たちを紹介していた。 ご覧になったかた、いらっしゃいますか。 cgi2.nhk.or.jp 蛾! 30cmくらいもあるというヨナグニサン(Attacus atlas)の迫力にあらためてびっくり!「ヨナグニ」から…

七月の園芸家 マラルメ・詩人の庭 -2-

七月の園芸家 『フランドルの四季暦』フランドルの四季暦 :マリ・ゲヴェルス,宮林 寛|河出書房新社 の中でマリ・ゲヴェルス(1883 -1975、写真)は七月という月を高らかに謳いあげるのですが、その中に青空について語るくだりがあります。私はそこを読んで以…

二つ折りの恋文 & 七月の園芸家 -1-

二つ折りの恋文 あ、蝶の話だなとすぐにわかってくれた人、ありがとう。去年も読んでくれた人ですね。二つ折りの恋文-1- ルナールの「博物誌」 - 「蝶 二つ折りの恋文が、花の番地を捜している」 千葉にお住いのmiyotyaさま 色々あった一日 - ほのぼの日記…

猫の日おめでとう&マニアックなオランダ人猫画家 追記:たま駅長&猫は神聖な生き物

猫の日おめでとう ! うちにも保護猫がいます。生後2か月くらいのとき、母親とはぐれたのでしょうか、子猫がうちの車の下にいて、ミャーミャー泣いていました。二羽のカラスがそれを狙ってつついていたそうで、夫と娘が保護し、現在に至ります。性格は甘えん…

ポケモンキャラの名前を子どもにつける親たち ・記念切手

小学校に入学したら、クラスメートはポケモンのキャラクターばかりだったらどう? http://www.lesoir.be/1285683/article/soirmag/actu-soirmag/2016-08-08/pokemon-go-bebes-au-nom-pokemon-augmentent ロゼリア きれいな名前だ。自分ではすごく気に入って…

クルマとネコ 7月30日って何の日?

今日は7月30日。730といえば沖縄の・・・ みなさん、何かおわかりですか。わかった人は凄い。沖縄のかたはわかるんでしょうけど。私はオランダ語を通して知ったのです。そのことはもう少しあとで説明するとして、ギアさんの「マイカー」の記事、楽しませ…

猫が釣りをする通り・ モハメド・アリ追悼

モハメド・アリ追悼 モハメド・アリが亡くなって、昨日は多くの人が死を悼み、思い出に浸ったことだろう(Muhammad Ali1942 - 2016) Charles Trainor | The Beatles and “The Greatest”, Cassius Clay (Muhammad Ali) in the Ring, 1964 ボクシングはいかに…

サボテン&猫たち(5月27日) アゲハ蝶が飛んだ(5月30日) 

*別ブログの日記を保存しています。 5月29日 蝶が2匹羽化しました。 毎朝そお~っとカーテンを開けます。 朝の5時ころ、もうかえって、羽を乾かしていました。ああ、美しい、とうっとり見ていたのも束の間、あっという間に飛び去ってしまいました。ケースの…

薔薇と銀座 (旧古河庭園・奥野ビル) 追記:2018年2019年  

(*別ブログの記事を移しています) 薔薇と銀座 5月23日 春バラを見に行ってきました。 といっても歩いて行けるほど近いんですが、東京では有名な庭園のひとつに数えられ、規模が大きくないのと、西洋庭園、日本庭園のふたつがあるので気に入っています。 …

二つ折りの恋文-1- ルナールの「博物誌」

(アゲハ蝶のサナギ2匹。恋文になる日を待つ。5月21日撮影) 今日は蝶の話です。虫が苦手な人はパスしてね。今日5月23日はラブレターの日・恋文の日だそうです。 蝶 二つ折りの恋文が、花の番地を捜している 皆さんもご存じだと思うが、ルナール(Jules Rena…

はらぺこあおむし&フレンチのお店 ル・トロケ

(*別ブログの記事を移しています。日記です) はらぺこあおむし 今朝一匹、さなぎの準備をしていた。 あとの2匹もそろそろかな。食欲旺盛ではなくなっているので。 あと一匹もたぶん明日は・・・ ホームレスのミュージシャンを助けた猫 ボブ。いい話。 kar…

ゴージャスな姻戚 ツェッペリンとシーボルト

Led Zeppelin「天国への階段」が大好き!なのに盗作疑惑って?裁判の行方が気になります。どなたか知っていらっしゃるかた、教えてください。 www.theguardian.com 追記:一件落着したもよう。 Led Zeppelin、洒落たバンド名の由来 キース・ムーン(ドラムス…

王様の温室見学とシーボルト

アジサイの季節がやってくる。 アジサイは私の中でいつもシーボルトと結びついている。この結びつきが起こる前は、シーボルトは教科書に載っていたドイツ人医師、それ以上の知識も興味もなかった。 写真は王様の温室のアジサイ。 まずはベルギーの王様のお住…

マイケル・ジャクソンと ビアカフェ「クルミナトール」と猫

歌いも踊りもしないマイケル・ジャクソン 写真を撮るために押入れをゴソゴソ…レコードを収めた箱がなかなか見つからず、大わらわ。ふ~っ、あった、あった。この時期の歌手マイケルは大好きだった。 そしてもう一人のマイケル・ジャクソン氏は(写真の中で)…

カフカと踏切と世界の青春 

( *別ブログの記事を移しています) カフカ (図書館に行く道で) カフカ 変身(かわりみ) www.shueisha.co.jp カフカを集英社文庫「ポケットマスターピース」多和田さん訳で読み直している。 若いときには全く気づきもしなかったサラリーマンの本音。 (…

猫カフェLe chat touilleとポーランドの「連帯」

猫カフェ、行ってきた~!ネコミン不足だったもんね。ブリュッセルで唯一、いやベルギーでもまだほかの都市にはないと思う。 そこの可愛い猫たちを紹介するね。 猫カフェの名前:Le chat touille 住所:rue Tasson-Snel 11 1060 Saint-Gilles (写真:マティ…

ドイツのカーニバル・じゃんけん・テロの脅威にユーモアで応戦(+じゃま猫)追記:2018年のカーニバルも激しい! 

①カーニバル 2016 いつも過激! http://www.demorgen.be ドイツ、デュッセルドルフのカーニバル。風刺たっぷりの山車が登場することで有名なのだが、ちょっとこれはひどいと思う。普通に見たら、一国の独裁者が国民に圧政をしいているようにみえるだろう。で…

アントウェルペンのビアカフェ 「クルミナトール」 ビール好きの聖地と猫

Cafe Kulminator Vleminckveld 32, 2000 Antwerpen ビール好きの聖地とも言われ、世界中から客がここにしかない珍しいビールを求めてやってくる。かと思えば地元の人がふらりと立ち寄っては、おしゃべりを楽しむ寛ぎの場でもある。 下の写真は前に撮ったもの…