路地・小路

もう40年もロンリーで飲んでいる… インスタ映えする不思議な界隈

さて、ここはどこでしょう? 東京の人ならもうこのへんでわかるかな。でも東京に住んでいても、多くの人にとって用のないところですね。 もうわかりましたよね。矢吹ジョーが答えを言ってくれました。 カメラ引きますと お店の入り口はこのようになっていま…

猫が釣りをする通り・ モハメド・アリ追悼

モハメド・アリ追悼 モハメド・アリが亡くなって、昨日は多くの人が死を悼み、思い出に浸ったことだろう。(Muhammad Ali 1942 - 2016) Charles Trainor | The Beatles and “The Greatest”, Cassius Clay (Muhammad Ali) in the Ring, 1964 ボクシングはい…

なぜ日本には袋小路の標識がないの?・「コミュニティ・ゾーン」ボンエルフ

6月2日は路地の日 (写真:ブリュッセルの美しい路地。2016年) 今日、6月2日はなんと路地の日なんだって!と、softwindさんが教えてくれたので、路地オタクの私としてはこれを取り上げないわけにはいかない。 6月2日はローズの日、路地の日、オムレツの日、…

リラックマハウスと 棲み分けのモザイク

この可愛いおうち(「リラックマハウス」と勝手に命名)の2階が、ブリュッセル3月の住まいだった。聖(サント)カトリーヌ教会を中心とした地域にある。下の地図を参照。 ★↓過去ログ↓到着した3月1日。さきに読んでくださるとわかりやすい。 cenecio.hatenab…

夏のような日 昭和を捜して町歩き&ラーメン屋&ノボロギクたち

咲き誇る モッコウバラ、本当に今が花盛り!多くのお宅で白や黄色の花が風に揺れている。近所のお宅のを撮らせてもらった。 ブリュッセルの地下鉄 マールベーク駅 http://deredactie.be/cm/vrtnieuws/regio/brussel/1.2639088 写真BELGA ブリュッセルの同時…

リエージュ再訪 8年ぶり

Liège (オランダ語: Luik) (以前はアクサンの位置が異なりLiégeと綴って「リエジュ」と短く発音していた) 君主司教宮殿(ベルギー観光局) シムノンかワッフルか 平均的な日本人で、リエージュと聞いて何か思い浮かぶ人がどのくらいいるだろうか。 探偵小…

パリの休日 プチグルメ編

パリの休日2.プチグルメ編 タイプの違う店を三つ紹介します。 その1.(下に地図あり。一番上、つまり北の店) 前はワインバーだったが、今ではクラシックなフランス料理の軽食も堪能できる。スープからフォワグラまでいろいろある。英語メニューもあるの…

あれから一週間 &さよならブリュッセル

テロから1週間のブリュッセルのいちにち、 どんな様子かお見せしますね。 写真:3月29日証券取引所前。 メディアが一斉にいなくなってすっきりと広くなっている。向かいのマリオットホテルから引き上げるクルーも見かけた。しかし建物裏側に、まだアメリカや…

ブリュッセル めくるめく壁アート

ブリュッセルの建物の壁にはよく絵が描かれている。ただの落書きも多いが、ベルギーを代表する漫画家の作品があちらこちらに飾られている。これもブリュセルッ子の自慢のひとつ。 漫画はベルギーではBDといって「アート」と位置付けられ、「漫画博物館」(*…

ブリュッセルの「世界入りにくい居酒屋 」&一押しフリット屋・フリットを食べないと死んでしまう人たち 

世界入りにくい居酒屋に行ってきた NHKBSの番組「世界入りにくい居酒屋」というシリーズがある。BSを全然見ない人は知らないかもしれないが、人気番組で、よそものには近寄りがたい、地元の常連客だけで盛り上がるビアカフェやレストランを紹介してい…

ブリュッセル小路礼讃  コウノトリ&マロール地区

ブリュッセルは実はなにを隠そう、袋小路(東京の向島みたいな感じもある)や路地で有名なのである。高低差があるので坂道もおもしろい。1年住んでいたにも関わらず、あらたな発見がたくさんある。それに8年もたてばずいぶん変わってしまい、残念に思うとこ…

ベルギー王立図書館・カフェ「即死」・秘密の小路(追記:王立図書館写真ギャラリー) 

今日は、ベルギー国内の貴重な資料などを保管しているベルギー王立図書館(La Bibliothèque royale de Belgique。左の赤い垂れ幕のところ)へ。(*一番下に写真をまとめてあります。) この庭園は、夏なら花咲き乱れる美しいフランス式庭園で、市民がベンチ…

中世への入り口 

入り口 Vlaaikensgang Oude Koornmarkt 16番 まえにランチをした店のあるところ。ちょうど冬休みで息子が来ていて、思い出の食事になった。(右のレストラン) この小路に入るのは、 カテドラルのすぐそばにもかかわらず、入り口を見つけるのが難しい。最初…

小路礼讃 アントウェルペン

今日は狭い道を見てなごみます。 最後の二枚は、いきなり教会が現れるので好きな道です。 以前、線路礼讃の記事も書きました。こちらです。 cenecio.hatenablog.com