読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントウェルペンといえば… 

アントウェルペン ベルギー 歴史・観光スポット

アントウェルペンといえば、スヘルデ川だろう!

なぜって?アントウェルペンっ子は言う。

スヘルデ川をくださったことを神に感謝する。

そのほかのことは全部スヘルデ川に感謝する。

 

ということで早速行ってきた。行きはトラム(途中、地下鉄になる)で川を渡り、帰りはトンネルを徒歩で。

川向こう(Linkeroever)は新しく開発したところのようだが、そこから眺める旧市街がきれいだし、天気の良いときは川べりの散歩も楽しい。

f:id:cenecio:20160501091736j:plain

f:id:cenecio:20151225194048j:plain

f:id:cenecio:20160501091920j:plain

 トンネル

Sint-Annatunnel 聖アンナトンネルは、1933年に完成した500メートルちょっとのトンネルで、自転車もOK.木製のエスカレーターやタイル張りの壁がレトロでおしゃれ!

f:id:cenecio:20151221235543j:plain

f:id:cenecio:20160121082714j:plainf:id:cenecio:20160121082742j:plain

f:id:cenecio:20151221235637j:plain

f:id:cenecio:20160501092035j:plain

 

アントウェルペンといえば「マリア像」

町のあちこちにおられるマリア様。建物の角や壁面の上方に、様々な装いで幼子イエスを抱き、あるいはお一人で、こちらを見下ろし、守ってくださっている。。日本のお地蔵さまみたいだ。

f:id:cenecio:20151225231027j:plain f:id:cenecio:20151225135412j:plain

f:id:cenecio:20151225135550j:plain  f:id:cenecio:20151225231341j:plain

 

f:id:cenecio:20151227000332j:plain

f:id:cenecio:20151227000429j:plain

お顔が見えなくて、失敗・・・