Cogels-osylei コーヘルス・オスィ通り ベルエポックの建築群-1-

ズーレンボルク( zurenborg)地区を訪ねた。

コーヘルス・オスィ通りを中心とした一帯に、様々な建築様式の館が多数立ち並んでいる。考えうる限りの、いや考えもしなかったような奇抜なアイディアのものまで、とにかく装飾過多のめくるめく建築群に圧倒される。建築のことはさっぱりわからないのだが、とりあえず中心の通りから眺めていこう。(参考までに通りの名前を全部書き出す。

Cogels-osylei

Gen.Vapiaumontstraat/

 Waterloostraat

Guldenvliesstraat/

 Gen.van Merlenstraat/

Transvaalstraat/ Pretoriastraat)

Cogels-osyleiの Osyというのは、アントウェルペン銀行創設者で議員でもあったJean Jozef Renier Osy男爵のこと。オランダ・ロッテルダムの裕福な家の出身だが、アントウェルペンに住み、ズーレンボルクの土地を購入した。死後、息子やCogel家に嫁いだ娘たちが遺産を相続し、地域は発展していく。

 

 コーヘルス・オスィ通り

1番地 Brabo

f:id:cenecio:20160105030047j:plain

バルコニーに甲冑姿のブラボー像。これはJules Weyns(1849-1930)の作品で、この地区で多くの像を手掛けた。

f:id:cenecio:20160105030215j:plain

 

2-4番地

Brydel とDe Coninck

二人はコンシャンス(Hendrik Conscience1812 – 1883)作「フランドルの獅子」の登場人物である。ちなみにゲントには二人の銅像が立っているし、通りにも名前がついているくらい、フランダース地方ではちょっとした英雄扱いだ。

建物の右端にマリア像が見える。これはアントウェルペンの伝統にならったものだ。

f:id:cenecio:20160105030302j:plain

下に拡大写真:ライオンの後ろに二人の名。

その下に4つの王冠(水色)De Coninck

4つの頭絡(赤地、ちなみに頭絡は馬の頭部にはめる馬具のこと)はBrydelのシンボルである。

建築家F.van Dijk(1853-1939),はJ.J.Windersとともに王立美術館の設計もした。

f:id:cenecio:20160105150430j:plain

 

5-7番地

コウノトリ(左)と氾濫(右)

左の、家青地のプレートに Ooievaarコウノトリ)とある。このように家に名前を付けるのは16世紀アントウェルペンの伝統だったが、19世紀にこの地で復活させている。2階の窓の真ん中に台座が残っているのが見えるだろうか。かつてはここにコウノトリがとまって魚をくわえていたとか。たぶんどこかへ飛んでいってしまったんだろう。

f:id:cenecio:20160105030500j:plain

この建物の建築家Frans Smet-Verhas(1851-1925)は、以前見た船首の家(「12月31日不思議な建物」参照のこと)を手掛けた人で人気者だった。レンガの色使いが独創的で、赤や黄色、青のレンガを絶妙に組み合わせ、美しい文様を生み出す。

ついでに Smet-Verhasという名前は、あとのVerhasは奥さんの苗字である。生まれ故郷のWaaslandの伝統らしい。

 

6-12番地

Carolus Magnus(カール大帝

f:id:cenecio:20170423104459j:plain

自然の石を使っているのが特徴。塔はアーヘン大聖堂(*)を意識しているとか。二つの塔の間にカール大帝。2階の窓の上には美しい半円のモザイク、右に王冠、左に頂に十字架のついた宝珠が見える。この写真ではよく見えないが、玄関前に石のベンチがあって、訪問客が腰かけて待つこともできるそうだ。

f:id:cenecio:20160105030738j:plain

 拡大。f:id:cenecio:20170423111028j:plain

9-17番地

(左から)風車、ミネルバ、大きな熊

f:id:cenecio:20160105160338j:plain

屋根の上に風車のミニチュアやミネルバの顔が乗っている。右の家、熊の像は見えづらいが拡大すると、

f:id:cenecio:20170505110313p:plain手に七つの星がついた盾を持っている。また二つの塔に挟まれた階段状の破風は、ネオ・フランドル・ルネッサンス様式というらしい。アントウェルペン旧市街にあるVleeshuis(肉屋のギルドハウス)を思わせる。

 

*追記 :別の日の写真

f:id:cenecio:20170505110435p:plain

 

 

22番地 Den Valk

24番地 De Heerlyckheid van Suerenborgh

f:id:cenecio:20160105163043j:plain

最近補修したのだろう。玄関ドアの見事な細工、モザイク模様にうっとりする。

f:id:cenecio:20160105164244j:plain

 25-29番地

In de Sterre, de Sonne, en de Mane

レンガと自然石の組み合わせが美しい。「市庁舎」というあだ名を頂戴していたらしい。

f:id:cenecio:20160105162218j:plain

まだ一本の通りの半分も来ていないいないのだが、今日はこれで終わりにする。

 

(*)

アーヘン大聖堂

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/be/Aachen_Germany_Imperial-Cathedral-01.jpg/399px-Aachen_Germany_Imperial-Cathedral-01.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/be/Aachen_Germany_Imperial-Cathedral-01.jpg/399px-Aachen_Germany_Imperial-Cathedral-01.jpg