アントウェルペン 街角風景2.

アントウェルペンHendrik Conscience ヘンドリック・コンシャンス像

ヘンドリック・コンシャンス、作家である。

「フランドルの獅子」などの小説で親しまれ、「民衆に読むことを教えた男」として尊敬されている。

この像はヘンドリック・コンシャンス広場にあり、後ろの建物はヘンドリック・コンシャンス図書館である。

しかし、よくいじられてもいる。 

f:id:cenecio:20160105174306j:plain

f:id:cenecio:20160109140107j:plain

こちらは若き日のヒューホー・クラウス(Hugo Claus)。そんなことして大丈夫?

f:id:cenecio:20160109155251j:plain  f:id:cenecio:20160109155304j:plain

この図書館にはNottebohmzaal(ノーテボームホール)という広間があって私の憧れの場所なのだが、残念ながらガイド付きツアーでしか入れないという。それも月に一回とかで事前申し込みが必要なのだ。

そのサイトはこちら。写真だけでも圧倒される空間なのがわかると思う。一度はぜひ行きたいところだ。

Nottebohmzaal | Erfgoedbibliotheek Hendrik Conscience

 

f:id:cenecio:20160109155752j:plain

 

 

散歩の途中で見つけた車ーその1-

春を運ぶくるま。

 

f:id:cenecio:20160109160131j:plain

 

ーその2- 

ブティックの車。ナンバー”TUTUCHIC”が店の名前で、色は店のカラー、ピンク色。

お店はこちら http://www.tutuchic.be/

金髪のモデルの女性が経営しているらしい。

f:id:cenecio:20160109160938j:plain

 

't Hofke ランチのお店 (Vlaaikensgang内)

f:id:cenecio:20160109160244j:plain

 

 道端の木や花やコケにも目を奪われる。1月なのに意外に緑が多いし、芽吹きも見られる。

f:id:cenecio:20160109160756j:plain

緑の若いつるや小さな葉がいとおしい。

 おや、こちらの黄色い花は何だろう。

f:id:cenecio:20160110013204j:plain

 

f:id:cenecio:20160110013539j:plain

トラム。緑は続くよ、どこまでも。

f:id:cenecio:20160110013653j:plain

木のコケ。アートだね。

 

さて今はバーゲンセールの時節だが、こんな杖や傘を買う人ってどんな人かなあ。

f:id:cenecio:20160109161544j:plain

 

こちらはインパクトの魚屋さん。

f:id:cenecio:20160109162659j:plain

上の写真の左側はこんな風。入ってみたいんだけど、いまいち勇気が・・・。

f:id:cenecio:20160109162739j:plain

 ムール貝うまそ~!

 

いやはや、恐るべしアントウェルペン!散歩は楽しい。北風にも負けないぞ。