北海道の秘境駅や クマのぬいぐるみの笑顔に癒されて…

ほとんど個人的なメモです。
1.秘境駅
最近のニュースで印象深いのは、北海道の女子高生がたった1人の乗客という鉄道駅の話である。こちらの新聞にも載ったし、ウェブでも見られるし、驚いたことに夜のニュース( TV Eén)でもやった。ベルギー人もほろりとする話なんだね。

f:id:cenecio:20160214094446p:plain

f:id:cenecio:20160214094502p:plain

旧白滝駅で華奈さんがインタビューにこたえている様子や駅員さんのコメントなど、ちょっと目頭が熱くなってしまった。卒業と同時に廃線か・・・。そうでなくても卒業は皆が違った道に歩みだす別れのときであり、涙と切り離せないのにね。

 

2.Eglwyswrw

村の名前である。なんと発音するのか・・・エグルイスウルかな。

イギリス、ウェールズにあるこの村が新聞で話題になっていた。2015年の10月26日から一度も晴れた日がないんだって。80日以上もだなんて、いくらなんでもひどすぎる。このところイギリスは降雨災害で大変だな。

記事をよく読むと、記録更新にはまだ早く、1923年には89日間続けて晴れの日がなかったというのだ。

ベルギーの天気が悪いなんて、文句言ってはいけないぞ。ベルギーの空はとびっきりの青空や朝・夕焼け、飛行機雲などで私たちをたっぷり楽しませてくれるのだから。

 

3.ひとコマ漫画

f:id:cenecio:20160116155141j:plain

http://portfolio.lesoir.be/v/le_kroll/47611+janvier+2016.jpg.html

ベルギーのル・ソワール紙の漫画がいつも楽しみ。

ちょうどあれから1年だ。パリの一連のテロ事件後、数百万人の大行進があった。市民は手に、風刺新聞シャルリー・エブドへの連帯を表す「わたしはシャルリー」を掲げていた(漫画の上半分)。

そして2016年1月10日、1周年の式典がレピュブリック広場で開催された。オランド大統領やバルス首相、遺族や大勢の市民が集まった。このとき歌手ジョニー・アリディも招かれて歌を披露した。下半分の絵だが、「ぼくはジョニー」と言っているが、

道行く人は誰も気に留める様子はない。なぜならジョニー・アリディはフランスの税金が高いといって、スイスに移住したいわば裏切り者だから。

 

4. Micro scooter マイクロスクーター

こちらではマイクロスクーターに乗っている子供や若者をけっこう見かける。これって1990年代にも流行ったあれと同じ?キックボードとかいうもの?

f:id:cenecio:20160116171510j:plain

http://nl.metrotime.be/2016/01/13/must-read/metro-test-mobiliteitshype/

記事によると同じスイスの会社が作っているもので、世界中にファンがいて、最近は電気のe-step または e-microも出たとか。1時間の充電で18キロ走り、時速25キロまで出る。コンパクトに持ち運べ、自転車みたいに盗難の心配もないし、これからの乗り物だね。と言いたいところだが、お値段は995ユーロ!ま、私には買えないな。

 

5.Jetair ジェットエアーのCMが可愛い!

言葉がいっさいわからなくても大丈夫。

www.youtube.com

 どこが好きかって?クマのぬいぐるみが可愛いのと、初めはすぐに気づかなかったが、曲がボヘミアン・ラプソディーなところ。

 

主役のクマ 笑顔!

f:id:cenecio:20160113185937j:plain

f:id:cenecio:20160113185956j:plain