アントウェルペン 街角風景7 日本女性のすし職人

15世紀の小路、古くてとっても狭くて私の好きな道。手前左の角は

f:id:cenecio:20160123155606j:plain

こんな素敵なレストラン。Restaurant Ulcke Van Zurich

Oude Beurs 50, 2000 Antwerpen

f:id:cenecio:20160124093240j:plain

http://www.ulckevanzurich.be/menu/ 人気店らしい。

 

ルーベンス博物館の上空に浮かぶ飛行機雲に見とれる。

Rubenshuis Wapper 9-11f:id:cenecio:20160123160451j:plain

f:id:cenecio:20160123160511j:plain

同じくルーベンスハウス。

 

アクセサリー屋さん。真ん中のは中指たてていて笑ったり。

f:id:cenecio:20160123161030j:plain

 

カフェ ペリカーン

地元の人が集まる人気のビアカフェ、指定文化財にもなっている。

Café De Pelikaan (ID: 214770) こんな風にID番号もふられている。19世紀初頭の建物だそうだ

f:id:cenecio:20160123161313j:plain

裏にまわってみると、こちらもいい風情だな。

f:id:cenecio:20160123161346j:plain

 

迫力のカフェ herberg het zand 

f:id:cenecio:20160123162112j:plain

レンガのいい色合いと戸口に立つ人形が気にいっている。通るたびに写真を撮っているが、まだ入ったことはない。http://www.hetzand.be/

 

 こんなのどかそうなアントウェルペンでも、テロの警戒はあちこちで見られる。

駅や地下鉄、広場やユダヤ人地区には多くの人員が配置されている。必ず二人一組で行動するよう定められているそうだ。

f:id:cenecio:20160125090914j:plain

ここは「シャンゼリゼ通り」とも呼ばれる目抜き通りMeir(メール)の入り口。

バロックの豪華な建物の前にも軍用車

f:id:cenecio:20160125091053j:plain中央駅

 

アントウェルペンのすし職人
川田純子さん

http://www.kouzi.be/

川田さんは「ワールドスシカップジャパン2013」にベルギー代表として参戦、2位だった人。こちらがアントウェルペンの中心部にあるお店。

f:id:cenecio:20160124153337j:plain

下の写真:朝日新聞から。

http://www.asahi.com/culture/food/gallery/130306sushi/1_kawada.html

f:id:cenecio:20160124155016j:plain  f:id:cenecio:20160222160235p:plainスタンダード紙の記事

先日もオランダ語の女性雑誌(ananみたいな?)を立ち読みしたら、インタビューが乗っていた。

川田さんのすしの特徴は、こちらの人の嗜好を考慮した創作寿司だということ。お菓子みたいに型抜きしたり、魚の臭みが苦手なヨーロッパの人のためにハーブやスパイスを使ったりしている。前菜感覚で食べるすしという位置取りもおもしろい。

 

f:id:cenecio:20160124160055j:plain

 ティーサロンも素敵ですね。