読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名な話:『おおかみと七ひきのこやぎ』(グリム童話)・民話『一番きれいな小ネズミの娘』

みなさん ご存じ

f:id:cenecio:20160720185730p:plain 

f:id:cenecio:20160721125805p:plain

おおかみと七ひきのこやぎ DER WOLF UND SIEBEN GEISSLEIN(Felix Hoffmann)

作: グリム童話
絵: フェリクス・ホフマン
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店

発行日: 1967年4月1日

どの挿絵画家のバージョンで読むかによって印象も違ってくると思います。

我が家はこのスイスの画家ホフマン(Felix Hoffmann)。

2012年に原画展があったみたいで、こちらサイトが詳しい。

book.asahi.com

おかあさんが美人でおしゃれ。

f:id:cenecio:20160721130037p:plain

この絵だけでもう好きになります。

絵が好きかどうかはとても大切です。

お母さんは服を着て二足歩行なのに、7匹のこやぎたちは四足なんですよね。

f:id:cenecio:20160721130303p:plain

おおかみは声をきれいにするために、村の雑貨屋でチョーク(白墨?下に注あり)を買ってなめます。

f:id:cenecio:20160721130501p:plain

足を白くするために粉屋行きます。

そしてしろい足をこやぎたちに見せて、

「あけておくれ、こどもたち。おかあさんが かえってきたよ」

 

まんまとだまされたこやぎたち。さあ、大変!! 

f:id:cenecio:20160721130420p:plain

こやぎたちは隠れようとしますが、6匹が食べられてしまいます。

7匹目、柱時計の箱のなかに隠れた子だけは見つからず、

母親が帰ってくると一部始終を話します。(**椅子に注目。下に注あり)

f:id:cenecio:20160721125911p:plain

キュリオブックス 【Der Wolf und die sieben Geisslein】

母親は狼の腹からこやぎたちを助け出し、かわりに石を詰めて、再び腹を縫い合わせました。

狼は井戸に落ちておぼれ死んでしまいました。「おおかみ しんだ!おおかみ しんだ!」みなで井戸の回りをグルグルまわりながら、踊りました。

 

・・・という、とってもかわいそうなおおかみの話でした。

え、違うでしょ。狼は「悪」なんだから、悪を退治した勇敢なお母さん、母子家庭で、一人奮闘するお母さんの話でしょ。

どうしてもそうは思えない私。

本の裏表紙を見て、この一家のお父さんの写真が壁にかかっているのを見ても

なおかつ・・・。

f:id:cenecio:20160721130217p:plain

 

f:id:cenecio:20160721130832p:plain

 <フェリクス・ホフマン>
911年、スイス・アーラウ生まれ。75年没。バーゼル美術学校(スイス)で学んだ後、カールスルーエの州立美術学校(ドイツ)で木版とイラストレーションを学ぶ。石版印刷や銅板印刷の現場で経験を重ね、その後は美術教師をしながらスイス各地にフレスコ壁画やステンドグラスを、また本の挿絵や装丁の仕事を多く残した。壁画はアーラウ市の門、教会、小学校などに、ステンドグラスはアーラウ市庁舎、教会などで今も見ることができる。日本で出版された絵本は『ねむりひめ』(1963年、福音館書店)『おおかみと七ひきのこやぎ』(1967年、福音館書店)など多数ある。

*チョーク、といってもドイツ語Kreideは石灰質の土のことらしい。

www.zeit.de

こちらの新聞のコーナーで、ドイツ人がKreideを食べて、本当に声がきれいになるのか実験した。が、別に変わらないようだった。

 

**椅子

うちのと同じタイプなので、ここ一番うけるところ!

f:id:cenecio:20160721135618j:plain

f:id:cenecio:20160721135625j:plain

座面の美しい模様がまだ少し残っています。

 

La plus mignonne des petites souris 

『一番きれいな小ネズミの娘』

フランスで買った絵本です。

出版社:Père Castor Flammarion フラマリオン社のPère Castorシリーズの一冊

出版年:1953年

(↓ うちのは古くて左側、色がとんでいます)

f:id:cenecio:20160829161424j:plain

表紙を見ただけでもうわくわくします。

小さいときにこの本を読んでもらった子は幸せだな、と思って羨ましくなります。

 

(残念ながら全部のページはスキャンできません)

最初のページ

f:id:cenecio:20160829161430j:plain

これがネズミのミナカジル家(注:Rongetoutとはなんでもかじってしまうという意味。皆齧る)のお宅です。

ミナカジル氏とミナカジル夫人には、それはそれは美しいお嬢ちゃんがおりました。

f:id:cenecio:20160829161434j:plain

ダンスも編み物もでき、お菓子も焼ければピアノだってひけるのです。

そろそろ嫁にやる年頃だ、うちの娘にふさわしいのは、世界で最も強い者でなければならない

f:id:cenecio:20160829161528j:plain

ミナカジル氏は婿を捜しにヘリコプターで旅に出ます。

 

f:id:cenecio:20160829161532j:plain

はじめに 上へ上へ飛んで、太陽の宮殿に行きました。

うちの娘の婿になってくださらぬか。あなたは世界で一番強いおかただ。

ミナカジル氏はそう言いました。

しかし太陽は思いもよらぬ返答をしました。

いや、それは間違いだ。わしより雲のほうが強い。雲はわしの姿を隠してしまうからな。

ミナカジル氏はペリコプターで下へと飛行し、雲のところへ行って聞きます。

すると雲は、自分をさっとふきはらう風の方が強いと言います。

 

ミナカジル氏は風車小屋に住む風のもとへ向かいます。

f:id:cenecio:20160829161537j:plain

雲のいうことは間違っている。あそこに建つ古い塔の方が強い。

わしがいくらびゅーびゅー吹いてもびくともしないからな。

 

ミナカジル氏はもうすっかり疲れていましたが、塔に向かって話しかけます。

f:id:cenecio:20160829164324j:plain

いやいや、残念だが、風は間違っておる。

わしより強いのは ネズミじゃ。ネズミはわしの一番丈夫な梁を ガジガジ齧りよる。

やつが齧り終えたときにゃ、わしは倒れてしまうだろうよ。

 

そこでミナカジル氏は そのコネズミに会いに行きます。

 

f:id:cenecio:20160829164338j:plain

うちの娘の婿になってくださらぬか。

小ネズミの中で一番きれいな娘じゃ。

コネズミは答えます。

お宅のお嬢さんのことはよく存じ上げております。

嫁にいただきとうございます。

 

めでたく二匹は結婚しました。盛大な式でした。

f:id:cenecio:20160829164342j:plain

ミナカジル氏はとっても満足です。なぜって娘は、

太陽より強い雲、

その雲より強い風、

その風より強い塔、

その塔より強いネズミのところに嫁いだのですから。(終わり)

 

あれ、聞いたことがある話だけど…?

 『ネズミの嫁入り』ですね。世界中に似たお話はあるのでしょう。

それにしてもミナカジル氏、リッチなのはわかりますが、太陽だの塔だのと娘を結婚させようなんて、おかしな話です。しかしこれは比喩なんでしょうね。ネズミはネズミと結婚するのが一番いい、身分相応だし、幸せな結婚生活が築けるだろう…ということでめでたしめでたし。

 

絵を描いた人はこちら。

f:id:cenecio:20160829162909p:plain挿絵画家、絵本作家 Étienne Morel (1924-1969)

対象年齢3歳から。今でもアマゾンで買えます。レビューを見ると、皆さん絵の美しさを絶賛!レトロで可愛いし、ユーモアもあるし、気品も感じます。フランス語のテキストも簡潔でとてもいいと思います。

Étienne Morel氏は他にもたくさん作品があります。

f:id:cenecio:20160829170754j:plain

「赤いめんどり」という作品。

絵を見ただけですぐわかるほど、スタイルが確立されていますね。

 

絵本キャンペーンの写真が可愛いので 最後に乗せておきます。 

f:id:cenecio:20160829171027p:plain