読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 聖ニコラウスとブルス 忘備的点描

アントウェルペン 歴史・観光スポット 建築

この細くてなんとも味のある入り口。

かつての新聞社 Le Matin に通じる門だった。Lange Koepoortstraat 62

指定文化財になっている。扉を囲むネオバロック様式の石の門、上の貝のデザインが美しい。"L'Opinion 1884" と書いてあるのが見える。

こうした小さな門は町のあちこちに見られる。町歩きで偶然見つけたときの喜びは格別だ。

f:id:cenecio:20160123162626j:plain

 

聖ニコラウス礼拝堂 Sint-Nicolaas Godshuis 

15世紀に行商人(それとも自営業者かな)のギルドによって建てられたという。その後1842 年まで老人や体の不自由な人の住まいとして使われ、1958年から10年かけて改修され、現在の美しい姿に。

f:id:cenecio:20160124130040j:plain

聖ニコラウス

f:id:cenecio:20160124134114j:plain

壁のマリア像

f:id:cenecio:20160124134148j:plain

 近くのレストラン. 気候の良いときは中庭が気持ちよさそう。

f:id:cenecio:20160123162958j:plain

 

 

海運取引所 Schippersbeurs

 最近になってやっと私がわかったことは、どうやらこの奥一帯は昔のBeurs、ブルスつまり取引所で、現在大規模な再生工事が行われているようだ。だから一帯をぐるりと回っても何も見えないし入れない。

 

f:id:cenecio:20160123170626j:plain

ここが海運取引所の入り口で指定文化財である。ゴージャスって感じ。

反対側に回ってみる。

f:id:cenecio:20160410154638j:plain

 美しい窓!!!

f:id:cenecio:20160410154140j:plain

 別の道へ回っても行き止まりだ。四方は完全に塞がれている。住民なら中が覗けるのかな。この華麗な建物、調査の必要あり。

 次回は Handelbeurs 商取引所 についてレポートしますね。➡

 

忘備的点描(スナップ写真)

1.警察署 

f:id:cenecio:20160410160925j:plain

2.KBCタワー

f:id:cenecio:20160410161133j:plain

 

 3.ナポレオンの昔の住まい 4枚

f:id:cenecio:20160410161610j:plain

f:id:cenecio:20160410162119j:plain

f:id:cenecio:20160410162148j:plain

f:id:cenecio:20160410162200j:plain

4.STADSFEESTZAAL 2枚 スーパーマーケット入り口

f:id:cenecio:20160410161631j:plain

f:id:cenecio:20160410161622j:plain