読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントウェルペン港-1- Red Star Line

レッドスターライン

とはニューヨーク(またはフィラデルフィア)とアントウェルペンの間を航海した船舶会社の名前である。1872年設立、1873年に初めてアメリカへ航行し、1935年に株の大暴落を受けて倒産するまで400万人もの人をヨーロッパから「約束の地」へと運んだ。

そのレッドスターライン博物館を訪ねた。

f:id:cenecio:20160201075341j:plain

 

f:id:cenecio:20160201075229j:plain

f:id:cenecio:20160201081219j:plain

移民を希望した人、あるいは余儀なくされた人、そうした実在の人物やその家族を個別にスポットライトを当てて、写真や書類、所持品などを丹念に収集し、解説をつけている。このように展示方法に工夫があり、見学者もいっとき一移民となって、海上の生活や検疫などを、生き生きとバーチャル体験できる。

f:id:cenecio:20160425150209p:plain

船にはBelgenlandなど、国や地域の名前がついていて、実に数多くの、規模も様々な船が航行した。

裕福な旅客用の豪華客船もあった。重厚な家具調度品が置かれ、中国製の陶磁器などがテーブルに並び、プールや児童の遊び場など、現代の豪華クルーズ船と似た感じだ。

f:id:cenecio:20160425150259p:plain

 f:id:cenecio:20160425145830p:plainf:id:cenecio:20160201075847j:plain

貧しい移民や政治亡命者に交じって、アインシュタインアントウェルペンからアメリカへ渡った。

f:id:cenecio:20160201080016j:plain

説明書き:ドイツ出身のアインシュタインは1930年ベルゲンランド号、1933年ウェステレンランド号の乗客だった。

 

f:id:cenecio:20160201075528p:plain

売店には美しいノスタルジックな絵葉書がたくさん売っていた。このコレクションもなかなか凄いのだが、お見せできなくて残念だ。

 

 旧大陸と新大陸を結ぶ船、これもアントウェルペン及びヨーロッパの大切な歴史なのだが、ここに来るまでは恥ずかしながら全く一度も考えたことがなかったな。アメリカへの移民がどうやって大洋を渡ったかなんて。どれだけの苦労があったか、それどころか受け入れ先のアメリカで「もうこれ以上の移民はNO!」という運動が始まり、移民にも厳しい時代がやってきて…。

 

f:id:cenecio:20160623175110j:plain

 

 

資料:

deredactie.be

 

http://deredactie.be/polopoly_fs/1.1733406!image/3604648852.jpg

http://deredactie.be/polopoly_fs/1.1733410!image/2122827414.jpg