食べ放題の店 アマデウス

 カイロレン現る?

f:id:cenecio:20160208123648j:plain

すみません、ゴミ箱でした。

カイロレン様に似ていたもんで…。シマシマのところ。(カイロレンがわからない方はググってください。実は私、映画はみていません)

 

今日も元気に街歩きから始めます。

f:id:cenecio:20160123165146j:plain

 アントウェルペン唯一のスコッチパブだったが、二年前Stadswaag地区に引越したそう。理由は工事の騒音が深刻だったからとか。今は何かに使っているんだろうか。趣があるのにな。 

 

本日休業を示す粋な方法。

f:id:cenecio:20160123165224j:plain

 

 Billie's Bier Kafétaria ビリーさんのビアカフェ

Kammenstraat 12 

夕方からしかやっていないので時間が合わなくて、いまだ入れないでいる。

横の通りといい、店の構えといい、雰囲気抜群だね。上階貸します、って出ている。

f:id:cenecio:20160124151256j:plain

 

どうということはないのだが、ビワの木。昔何本も育てていたので懐かしい。

f:id:cenecio:20160124152328j:plain

 上の建物のレンガの壁面。三色がおもしろい。

f:id:cenecio:20160124152351j:plain

 

リラックマハウス

パウロ広場(Sint-Paulusplaats)にある可愛いおうち。レストランと書いてあるけど、やっていないみたい。

f:id:cenecio:20160124150424j:plain

 

食べ放題のアマデウスに興味しんしん

リラックマハウスのすぐ近く、こちらAmadeusは、例の学生向けガイドブック()に載っていた店で、ぜひとも行ってみたいと思って、何度も前を通るのに開いていない。よく見たら夜だけの営業だった。

f:id:cenecio:20160123162544j:plain

王立美術館地区 と Mampokoでランチ - ベルギーの密かな愉しみ België-fan

 なんのことはない。

2号店があるじゃん。しかももっと中心寄りだし。ガイドブックだけじゃなく、WEBも見ればよかったのだ。

2号店は 砂糖通り9番地。

f:id:cenecio:20160410163344p:plain

 ということで、スペアリブ食べ放題が売りの「アマデウス」に行ってみた。

内装にびっくり。

そして人々は黙々とスペアリブに喰らいついている。

f:id:cenecio:20160410164149j:plain

 

こちらがスペアリブとジャガイモ。

これだけならまあイケルかな。

f:id:cenecio:20160410164204j:plain

ところが「お代わりどうですか?」とジュージューのリブとジャガイモを運んでくる。当たり前だが、自分で取りに行くわけではなく、給仕が来る。そして何度も来る。断ってもまた何度も来るのである。他の客を見ていると3本くらいは平気みたいだ。

 

ありがとう、でも私は本当に無理なんです。

f:id:cenecio:20160410164216j:plain

驚いたことにワインが凄くおいしかった。おもしろい体験をしたなと思った。

正しくは「食べ放題」ではなく「スペアリブとジャガイモのおかわりし放題」だった。

 

 感熱紙なので見にくいけどレシートも貼っておこう。

f:id:cenecio:20160827082925j:plain

上から生ビール2杯、グラスワイン3杯、スペアリブ二人前。合計で43.05ユーロ。チップとして2~3ユーロ置いたような気がする。

 そしてこの店はゲントにもブリュッセルにもあることがわかった。たくさん食べられる若い人にはピッタリかも。

 

追記1.:リラックマハウスは営業を始めた。(3月)

f:id:cenecio:20160410173301j:plain

 

追記2.ブリュッセルアマデウス。ここでも度肝を抜くインテリアだ。まだ開店前だが、外の入り口からしてこれだから!

f:id:cenecio:20160410175706j:plain

どひゃ~!

f:id:cenecio:20160410175714j:plain

  

その隣のビアカフェ アマデオ

f:id:cenecio:20160410175727j:plain