劇場地区へ 朝市とオルタカフェ

f:id:cenecio:20160125144808j:plain

ブルラ劇場。

可愛い建物でしょう?初めて見たとき、これが劇場?お芝居見に行くのが楽しいな、と思ったが、実は市の劇場は後方にある建物だそうだ。これは建築家Pierre Bourlaの苗字をとって「ブルラ」と呼ばれている。ネオクラシック様式の900席の劇場。絨毯商人の建物があった場所に1827年建設開始。1829年にお披露目の予定だったのに、ベルギー革命(独立)のために遅れて1834年にオープンした。当時は「王立フランス語劇場」と呼んでいたという。

ゆったり建っているように見えるが、

f:id:cenecio:20160202111722j:plain

 このように繁華な町中にある。この辺はカルチェラタンと呼ばれているようだ。

裏には私の大関心事、有名なビアカフェがあるのだが

f:id:cenecio:20160202113712j:plain

De Duifkens  Graanmarkt 5

マスコットの猫ダリダがいるというのが気になって、一度入ってみたいのだが、閉まってたり地元民でギッシリだったり。敷居が高い…。

こんなお店も

f:id:cenecio:20160202114132j:plain

シャネルのアントワープ店。このへん高級ブチックが多い。

 

 Horta Grand Café

そしてこの劇場地区には重要な遺産がある。オルタが建て、残念にも1965年に取り壊されたブリュッセルのMaison du Peuple(人民の家)が、ここアントウェルペンの地で第二の生を受けたのである。市民の憩いの場であり、観光名所でもある。

住所:Hopland 2  2000 Antwerpen

Maison du Peupleというのは、アール・ヌーボーを建築に取り込んだ先駆的な建築家ヴィクトール・オルタ(Victor Horta1861 - 1947)の代表作のひとつで、当時のベルギー労働党のために作られた。ちょっと古い絵葉書を見てみよう。

f:id:cenecio:20160107141055j:plain

この巨大な建築物の中に、労働者のために作られたありとあらゆる設備が入っている。

f:id:cenecio:20160107141259j:plain

この絵葉書に見る鉄の骨格をそのまま使用して、オルタカフェは作られた。

f:id:cenecio:20160107141953j:plain

枠組みはばらしたあと番号がふられ、長い間Tervurenというブリュッセル近郊の町に保管されていた。そしてビール醸造のPalmが、オルタの作品を十全に生かし、人々の集まる場を、とプロジェクト案を提出、2000年に完成を見た。

 

f:id:cenecio:20160107153321j:plain入り口

一階から地下へ。右、バーカウンター。

f:id:cenecio:20160107153419j:plain

一階と地下はカフェ・レストラン。二階の「アールヌーボー・ホール」は、会議、レセプション、結婚式、周年記念行事、展覧会、新年会、見本市、ファッションショーなど多目的に。

f:id:cenecio:20160410153334j:plain

f:id:cenecio:20160410153344j:plain

 

そしてこちらが市劇場、Stadsschouwburg Antwerpen

f:id:cenecio:20160202114350j:plain

日曜市の日で、天気もいいので市民でいっぱいだ。

f:id:cenecio:20160125145008j:plain

f:id:cenecio:20160202114649j:plain

f:id:cenecio:20160202114747j:plain

f:id:cenecio:20160202114813j:plain

f:id:cenecio:20160202114908j:plain

小さな店主さん、どう?売れてる?

 

片づけを始めた劇場広場と市劇場。

f:id:cenecio:20160125144454j:plain

市場はもっとこじんまりしているほうがいいなと思う。

5年くらい住んだパリの朝市が好きだった。広い並木道の中央緑地に、週に二回、20店ほどテントが並ぶのである。顔見知りになると、いろいろ味見もさせてくれ、子連れだと必ずおまけもつけてくれて、お得で楽しいひとときを味わえた。自宅の庭で育てた白アスパラガスだけを売る、とっても可愛いおばあちゃんの姉妹など、今でも顔やしぐさが目に浮かび、懐かしい。

パリにはもう行かないだろう。80~90年代、平和でいい時期に住んだ。よほどの用がなければ行かないだろうが・・・うーん、誰かの結婚式に招待されるとか、そうしたらイソイソと飛んでいくかな。

ただやはりテロの不安はいつになっても頭から去らないだろう。