世界で一番美しい・・・

f:id:cenecio:20160303133136j:plain

前回滞在2007ー08年は、移民センターでのオランダ語講座に重心を置き、週末はほとんどベルギーとフランスの地方の町や村を訪ねていたので、ブリュッセルをガイドツアーするのは、全くもって無理。あまり観光スポットに行っていないから。

で、す、が、

グランプラスには絶対にお連れしたい。私はブリュッセルのグランプラスは世界で一番美しい広場だと思っている。プラハとかイタリアなども思い浮かべてみるが、やっぱりここにトップ賞をあげたい。上の写真は市庁舎。時間をとって見学する価値あり!英語、フランス語など、言語別に案内ツアーを組み、内部を回ってくれる。お薦め!

 

下は豪華ギルドハウス群。暗くて残念な写真です。

f:id:cenecio:20160303141859j:plain

* 別の天気の良い日に撮りにきました。↓

f:id:cenecio:20160813095857j:plain

f:id:cenecio:20160813150632j:plain

右から2番目のギルドハウス(国旗がかかっている) 一輪手押車 (La Broouette) - 聖ジル像で飾られています。

その隣のギルドハウス  (Le Sac) - かつては高級家具師たちが住んでいた。

職人の道具が外観を飾っています。どれも金きらりん。

 

この建物は 雌狼 (La Louve)という名前です。左の方の建物です。見るべきはドア。

ロームルスとレムス

f:id:cenecio:20161009152747j:plain

レリーフに、雌狼に育てられたロームルスとレムスが描かれています。ロームルス (Romulus) とレムス (Remus) は、ローマの建国神話に登場する双子の兄弟です。二人は叔父にテヴェレ川に捨てられたのですが、狼に育てられて、のちにローマを建国したといわれています。(紀元前753年4月21日)

f:id:cenecio:20161121172202p:plainウィキペディアより

f:id:cenecio:20161121172658p:plain

(↑1~5までを見ました)

 

次は現在、ブリュッセル市博物館になっている元パン屋ハウス。(上の地図右側)

おもしろいんだけど、時間のないかたはここは飛ばしてもいいかな。でも美しさに惚れ惚れする。

f:id:cenecio:20160303142352j:plain

私がすごいなと思うのは、グランプラスは何も観光客を呼び寄せるためにあるわけじゃなく、市民の生活の中心であることだ。イベントや祭りが行われるのはもちろん、実際に市民はあの建物の上階に住んでいるし、下のカフェで待ち合わせをして、友と語らい、寛ぐのだ。われわれ観光客は、単にそこにお邪魔させてもらっているのである。そして結婚したくなったらここの市庁舎に来るのである。

(↓花屋さんは毎朝出る)

f:id:cenecio:20160303142434j:plain

結婚式をあげた人に聞いてみたら、午前と午後の2回に別れていて、申し込み順で助役さんが式を執り行ってくれるそうだ。そのあとは?「普通に歩いて家まで帰り、友達や家族を呼んでパーティーしたよ。一日中ね。だってみんな空いている時間にやってくるんだから。プレゼントを抱えてね」だそうです。

ビール好きの私にとっては、9月のビール祭りが楽しかった。市民と一緒に盛り上がったなあ。

 

それから花の絨毯!!

前にも書いたけれど、今年2016年はベルギーにおける日本年。フラワーカーペットのモチーフは日本がテーマで、もう今から楽しみでならない。グランプラスの敷地1800㎡(75m×25m)の中に花を敷き詰めて文様を作る。花はベゴニアと決まっている。使用するベゴニアは35万個とか。見当もつかない数だね。

今年は「日本年」なので、空港職員も気合が入っているぞ。日本語の簡単なレッスンを受けたらしい。挨拶や「観光ですか」「ビジネスですか」など、人によっては覚えた表現を使いたくてたまらないらしく、子供のように目をキラキラさせている。

 

f:id:cenecio:20160303142935j:plain

グランプラスは絢爛豪華なだけじゃなく、こんなおもしろいところも。

横たわる像はセルクラース。14世紀の勇者で、ブリュッセルをフランドル人から守ったとされる。ケガをして瀕死の状態らしい。

f:id:cenecio:20160303143021j:plain

右手と膝が剥げているでしょう。触ると願いが叶うというので、皆が触るから。

私はこれを見るとゴールキーパー川島永嗣選手を思い出す。皆さん覚えていらっしゃるだろうか、2013年11月20日、日本はベルギーと親善試合をした。2013年を締めくくる試合だったから、両国とも高い関心を持って試合を観戦した。

現在世界ランキング1位のベルギーは、このとき5位だったが、予選負けなしでクリアしてきて、チームには相当の自信があったはずだ。オランダと日本の親善試合がそのまえにおこなわれ、2-2で引き分けだったとき、「弱い日本に勝てないのだから、オランダチームの病は相当深刻なようだ」とあざ笑うかのようなコメントが新聞に載っていたのも思い出す。

そんなベルギーに勝ってしまったのだ。3-2!われらが日本代表が3点目を入れたとき、悲鳴のような怒号のような騒音のなかで、アナウンサーは「バルセロナのゴールだ」と叫んだっけ。

で、川島選手にもどると、彼はお散歩隊というのを作って、ほかの選手たちをブリュッセル観光に連れ出した。名所を見たり、美味しいワッフル店に案内したり。そしてセルクラース像である。長谷部・吉田・内田選手らが願掛けをして、像を触っている写真を自身のブログに載せたのである。私は見て思った。それでベルギーに勝てたのか。やっぱり御利益あるじゃんと。

 

ブラバン公の館 Maison des ducs de Brabant  

これまた絢爛豪華です。(上の地図12~19です)
ブラバン公爵の像が置かれているのでこの名前がついています。

f:id:cenecio:20161009152542j:plain

七つののギルドハウスが入っていました。現在はホテルやレストランが入り、人でにぎわっています。左側はギルドハウス群です。博物館の横になります。

f:id:cenecio:20160303184618j:plain

ブラバン公の館の隣はなんと「ハードロックカフェ」。違和感なく溶け込んでいる。

サイトから内部の写真を借りてきました。

f:id:cenecio:20161121174353p:plain

f:id:cenecio:20161121174312p:plain

世界一豪華なインフォメーション。 

f:id:cenecio:20160303184843j:plain

観光案内所だってこんなところに!

グランプラスはここまで。

 

最後にもうじき復活祭。ウィンドーの飾りつけが楽しくてついつい足をとめてしまう。2枚だけあげるね。

こちら有名なノイハウス。鮮やかな春色と美しい模様、センス抜群のウィンドー飾り。

f:id:cenecio:20160303184421j:plain

 

こちらのお店 ELIZABETH 写真では良さが伝わらないかもしれないが、左半分は店の外壁である。店内も色が統一され、上品な印象。

f:id:cenecio:20160303185638j:plain