ブリュッセル 春だね~!

お天気最高!

サン・ミッシェル大聖堂前のクロッカスと水仙

f:id:cenecio:20160314182346j:plain

大聖堂を背に町並みを臨む。ちょっと霞んでいる。

f:id:cenecio:20160314182520j:plain

花屋さんの窓。

f:id:cenecio:20160314191844j:plain

f:id:cenecio:20160314191939j:plain

花屋さん入り口と中をちょこっとのぞき見。

f:id:cenecio:20160314192435j:plain

春が来て嬉しくてたまらない私。目的のないブラブラ散歩です。

 

雑貨屋さん、復活祭一色。

f:id:cenecio:20160314192858j:plain

 

ここから下町マロル地区。

ここの蚤の市は驚くなかれ、毎朝年中無休で開かれる。時間があって目利きであれば、楽しい時間が過ごせるよ。

f:id:cenecio:20160314193924j:plain

それにしてもこの熱気!まだ朝10時半だよ。このあとは大混雑になる。

f:id:cenecio:20160314194021j:plain

職人と移民が多い地区で、独特の雰囲気があり、私は好きでよく来る。こんなお店も

f:id:cenecio:20160314185642j:plain

ドア・扉・取っ手・ツマミなどの専門店。他にもおもしろいお店がいろいろあるが、キリがないので散歩を続ける。

 

 

f:id:cenecio:20160314195147j:plain

陽気に誘われ、グランプラスにも人が出てきた。みんなジベタリアン。観光用の馬車のお馬さんと触れ合う子供たち。

f:id:cenecio:20160416171137j:plain

路地裏のカフェテラス

 

f:id:cenecio:20160315050114j:plain

猫の絵葉書が気になってしかたない。可愛い。どれもほしくなる。

 

コスメのお店 PAUL&JOE

f:id:cenecio:20160317142841j:plain

フランス人デザイナーSophie Mechalyのどれもこれも欲しくなる化粧品。

しかもちょっと日本ぽいよね。

f:id:cenecio:20160317142903j:plain

買ってかえるか思案中。

 

 

今日も小便小僧のジュリアンくん、観光客の皆様をお出迎えしている。

f:id:cenecio:20160315050627j:plain

小さくて皆がっかりするんだよね。

f:id:cenecio:20160315050431j:plain

f:id:cenecio:20160317140143j:plain

 

 

f:id:cenecio:20160314193343j:plain

そしてうちの近くの、立ち食い魚屋さんも、たくさんの人で賑わっている。

私も仲間に加わり、魚のスープとエビのフライを食べる。(゜-゜)ヤムヤム

f:id:cenecio:20160314200921j:plain

 

そしてまたここにも「おしゃれな木」が!今度はかぎ針編みじゃなく棒針編み(メリヤスというんだっけ)だ。(注:3月7日の街歩きに「おしゃれな木一号」)

f:id:cenecio:20160314202859j:plain

 

あぶない、あぶない。キョロキョロして写真ばかり撮っていると、落っこちかねない。

f:id:cenecio:20160314203047j:plain

夕方、ちょっと疲れたころ、一度行きたいと思っていたビアカフェの名店「グリニッチ」で一杯。

Taverne Greenwich

7, rue des Chartreux

f:id:cenecio:20160314203525j:plain

1916年創業の美しいカフェ。

皆が写真を撮りたがる古いレジスターや中世の鎧などが飾ってある。料理はイマイチなのでおすすめしないが、おいしいビールが飲めるところ。

時間をはずせばビールだけ1杯で何の問題もないし、本を読んだりパソコンたりできる。ベルギーのカフェレストランのこんなところが好き。

f:id:cenecio:20160314203531j:plain

春らしい幸福な一日の終わりに、久しぶりのオルヴァルをいただきました。

 

終わります。