読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリの桜とチューリップ・ ビール”ウルビアマン”

*別ブログの日記を保存しています。

パリの桜

 

さて、今日はあいにくの雨だが、昨日、おとといは晴れて桜が楽しめ、幸せな春の気分を満喫した。入学式も桜満開の下で、本当によかったね。(うちの近所の小学校の話ですが)

 

しかし日本人が珍重するソメイヨシノは、どうも西洋人にはインパクトに欠けるらしく、「白っぽすぎて」美しく映らないようだ。艶やかな二重桜のほうが断然人気で、これはヨーロッパ各地で見かける。道端や小さな公園にふつうに生えていたりする。

 

パリで花見は「ソー公園で」というのが、在住者の間では習わしになっているという。私は行ったことがないが、参加した人の話では「ピクニックして、ダンスもして、あと名刺交換もするよ」。

ソー公園(Parc de Sceaux)は200ヘクタールもある、パリの南に位置する公園で、美しい城館と庭園が有名だ。

f:id:cenecio:20160407101404p:plain

八重桜も100本くらい植えられているという。

 

こちらのフランス人のかた、園芸家のAlain Delavieさんのサイトです。

花見が楽しめます。

http://www.pariscotejardin.fr/2012/04/les-cerisiers-roses-du-parc-de-sceaux-hauts-de-seine/

f:id:cenecio:20160407104347p:plain

f:id:cenecio:20160428162147p:plain

芝生の緑も目に鮮やかだ。

ただ水を差すようだが、春先の芝はあまり踏まない方がいいみたいだね。

ソー公園のように100本とは言わないまでも、ノートルダム寺院の脇の遊歩道や、エッフェル塔のそばにも八重桜は植わっている。つまり4月はあちこちで花見が楽しめるのだ。日本のように「ピクニック」はできないにしても。

 

花見散歩

曇り空だったが、上野公園を歩いた。正しくは「上野恩賜公園」という。

人が多く、海外からの観光客も三分の一はいるのではないかと思われるほど、外国語が飛び交っていた。みな写真撮影に夢中でぶつかりそうになったり、迷子になりかけた子供がべそをかいていたり、早くも宴会で盛り上がっていたり。

f:id:cenecio:20160407112640j:plain

水観音堂まで来ると、少し静かになる。

子授けや安産など、子供に関するお願い事を叶えてくれる「子育観音」が脇本尊として祀られている。若いカップルたちがお守りを買っていた。

おみくじがピンク色で桜と呼応している。

 

観音堂のすぐそばにある ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)

f:id:cenecio:20160407112609j:plain

とってもきれいだったけど、私の腕では写真を見ても伝わらないな、とガッカリ。

はてなの皆さんのいい写真を見慣れているからね。

f:id:cenecio:20160407115439j:plain

提灯に明かりがついた。これから会社帰りの人たちが集まってくるのだろう。

チューリップ

2月11日の記事「春を待つ」で紹介したオランダみやげのチューリップ。

f:id:cenecio:20160407163044p:plain

自分でも以前オランダの空港で、チューリップの球根は買ったことがある。いろいろな色のミックスという袋を幾つか。

土に埋めてあとはほおっておけばいいんでしょう、くらいにしか思っていなかった。前はそれで美しく花を咲かせたのだ。

ところが 今回のはひょろひょろしている。出てこないのもある。山田ガーデンさんが、消毒や茶色の薄皮をむく話を書いていた。

http://y-garden.hatenablog.com/entry/2016/03/29/064524

え~っ、そうなの?一度も考えたことがなかった。

f:id:cenecio:20160408101314j:plainf:id:cenecio:20160408101346j:plain

 

こんな風にだらんとしている(昨日雨に打たれたからかも)。葉の色も薄いし。

f:id:cenecio:20160408101802j:plain

こっちは坪庭に植えたもの。う~~ん。

f:id:cenecio:20160408101847j:plain

それとも頭が重すぎるのか。

ここまでは最初の写真右と左のMIXEDの球根である。

 

Flaming parrot「フランダースの鸚鵡」はこれから。

ちょっとがっしりしているので安心だ。

f:id:cenecio:20160407163604j:plain

そしてこちらはQueensland

f:id:cenecio:20160408102438j:plain

で、実はこれはウチのチューリップではない。球根をお分けした近所のかたのプランターで咲いたものだ。「すごくきれいでしょう!本当にありがとうね」彼女は鼻高々だ。 

うちのはまだ咲かない。

嬉しかったこともある。これは、去年隣の空き家が取り壊しになる際、掘り返され、捨てられようとしていたアジサイである。夜こっそりと三人がかりで救い出したのだ。冬の間枯れ葉がしがみついているだけだったので、ちょっと心配していた。

f:id:cenecio:20160408104013j:plain

しかしどうだ。春は素敵なプレゼントを届けてくれた。ベルギーから帰ってみたらピカピカの葉が茂っていて、「元気だよ。お宅で咲くからね」と言っているようだった。

アジサイを育てたことがないので、これから調べたり皆さんに教えてもらったりしてつきあっていきたい。

Add Stary-garden (green)

山田ガーデン (id:y-garden)

山田ガーデンです。この度は記事を使ってくださり、ありがとうございました‼
我が庭には、まだ咲いていないチューリップが2鉢ありますので、また是非遊びに来てくださいね♪

ウルビアマン oerbier man  秋葉原のビアカフェ

 

来世は、ベルギーの醸造所の子に生まれたいセネシオである。

f:id:cenecio:20160409084449j:plain

世界初の海外店舗「oerbier man ウルビアマン」が2016年4月8日秋葉原にグランドオープン! - かんぱい。

Dhabiさんに教えてもらって、散歩がてらさっそく行ってきた。

f:id:cenecio:20160409084558j:plain

4月8日開店のビアカフェ、ウルビアマン。

f:id:cenecio:20160409084720j:plain

こちらが看板商品のウルビア。

泡がきめ細かく、甘味と苦味が複雑にまじりあっている。可愛いイラストは、醸造所に住む菌で「ウルビアマン」というんだって。

医者、建築家といった正規の職業を持つ三人の兄弟と、母親とで始めたビール醸造で、週末しかやらないから「ホビー」なわけだが、個性ある質の高いビールは高く評価されている。

f:id:cenecio:20160409084815j:plain

そうして今になってわかる。この醸造所が作っているビール。

あのポスターのビールか~!(写真:

f:id:cenecio:20160409092726p:plain

お店が閉まっていて飲めなかったクリスマスビール。惜しかったな。

アルコール度数12度だって。ワインみたいだね。

f:id:cenecio:20160409093226j:plain

ほかにも左から2番目、ウサギの復活祭ビール。

 いつかチャンスがあったら醸造所見学に行ってみたいな。

Dhabiさん、ありがとう!

Add StarDhabiDhabiy-garden