読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カロリーヌの眩しさ フランスの宝物「カロリーヌのぼうけん」

カロリーヌちゃん

永遠のアイドルです、わがやにとっては。

 

若いみなさんにとっては

「カロリーヌとゆかいな8ひき」シリーズでしょうか。

うちにあるのは、1998年発行、シリーズの『カロリーヌのゆきあそび』BL出版

f:id:cenecio:20170407160018j:plain

見開きも楽しい!

f:id:cenecio:20170407160107j:plain

 

他にも1984年フランス語原書 Caroline invite ses amis

f:id:cenecio:20170407160256j:plain

カーニバルのお話ですね。

見開きも可愛い。

f:id:cenecio:20170407160312j:plain

 

ですが

今日はこちらの本を紹介します。

f:id:cenecio:20170407154746j:plain

カロリーヌのぼうけん

昭和46年発行

小学館 オールカラー版 世界の童話 35  390円

えとぶん ピエール=プロブスト

ぶん 土屋由岐雄・福島のり子

 

昔は1冊に複数の話が入っていた

f:id:cenecio:20160528110804j:plain

三つの話

カロリーヌのぼうけん Le voyage de Caroline

ふしぎのくにのカロリーヌ Caroline a travers les ages

カロリーヌのすてきなパーティー Une fete chez Caroline

 

登場人物(正確にはカロリーヌと登場動物たち)

これは巻末のページ。

やはりはじめに動物たちをチェックした方がいいでしょう。

f:id:cenecio:20160528110810j:plain

ずいぶん絵が違いますね。時代とともに絵やそのほかの背景となるものが変わるんですね。

でも「冒険」は相変わらず。

インドの友人に会いに、皆で汽車や船を乗り継ぎながら、様々な困難を乗り越えて目的のインドの町までたどりつくのです。

 子どもなのにものすごい行動力とエネルギーです。

f:id:cenecio:20160528110822j:plain

(汽車の中)

いつでもどこでも大騒ぎ。誰かがやっかいを引き起こします。でも賢く万能のカロリーヌがいれば大丈夫。

 図書館にありますので、ぜひ楽しんでください。

カロリーヌシリーズはどれも退屈しません。(太鼓判!)

 

著者の紹介

f:id:cenecio:20160528123421p:plain

Pierre Probst (1913 - 2007)

フランスのみならず世界中に熱烈なファンを持っていたプロブストさん。

時代に合わせて絵の描き替えもいといませんでした。

でも読者は自分が読んだ時代の版をもう一度読みたい、手に入れたいと思うものです。古本市場では1950年代の本が高値で取引されています。

 

アニメ化


Caroline et ses amis - S01E38 Le château hanté HD

アニメによってさらにファンが増えました。youtubeで幾つか見られます。

 

読み切り版

フランス語ですが、一話だけの小さくて薄い廉価版シリーズが出ています。

f:id:cenecio:20160528125036j:plain

 

布装丁版

一応豪華版ということで、値段もはりました。

1冊だけ持っています。

f:id:cenecio:20160528125223j:plain

 

f:id:cenecio:20160528125239j:plain

スーパーマーケットでも好き放題の仲間たち。

このあとクマのブーム君は、俗世間に嫌気がさし、山にこもって隠者になると言い出すのです。

f:id:cenecio:20160528130050j:plain

ま、いつもハッピーエンドなわけで、読んでいる子供たちもハラハラしながらも最後は大喜びです。

 

追記:その後扱ったカロリーヌ