読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国で出会うニッポン 絵文字の裏の意味

ベルギー 新聞・TV・ニュースまとめ 日本・日本語 アート・文化全般

外国暮らしで出会うおもしろいニッポン。たいていはクスリと笑えるものばかり。

以前書いた記事、デスノート絡みの「キラ殺人事件」(*)のような衝撃的で恐ろしいものはめったにない。あっては困るし。

今日は「すしブームさいたまの謎」(**)みたいな、日本と関係のある話題を簡単にまとめてみる。

 

 「キラ殺人事件」過去記事

cenecio.hatenablog.com

 

**「すしブームさいたまの謎」

cenecio.hatenablog.com

 

目次

1.日本の名前が好き

2.忍者募集

3.絵文字にそんな裏の意味が!

4、ランジェリーの名前が意外

 

f:id:cenecio:20160416102356j:plain

(写真:芸術の丘 ブリュッセル)

 

1.日本の名前が好き

 いつごろからかわからないけど、日本語の名前や文字(Tシャツや入れ墨)は人気である。道を歩いていて、日本語の単語が聞こえたりすると、つい振り向いてしまう。

「スシ!」

「ネタ!」

え、何だろうと立ち止まると、そこにいたのは猫だった。飼い主の若い女性はいたずらっ子のような目つきで「おもしろい名前でしょ」と私に同意を求めるのだが、なんと答えていいのやら。ただ言えることは今後猫が増えても大丈夫。まだ「ワサビ」も「ガリ」もいろいろあるし。

 

ゲイで「ハルキ」と名乗っている人がいた。本名はカッコいい勇まし系の、ちょっと古めかしい名前だ。それが嫌で仕方がないんだとか。村上春樹のファンなのかなと思ったら「違うわよ、音がステキだから」。

 

もし子供ができたら、「アスカ」「レイ」とつけたいのだが、あなたはどう思うかと聞かれたことも。「男女両方につけられる名前だと聞いたけど本当?」とりあえずリサーチはしたようだ。言われてみればそうだな。いや、でも男に「アスカ」は・・・。エヴァンゲリオンのファンだった。

そしてきっとそのうち来るぞ。ベルギーにもナルト、サクラ、サスケたちが。

 

2.ニンジャ募集

そして忍者つながりで、フランス語新聞ル・ソワールで見た、愛知県の忍者募集の記事。

あの連続テロの2~3日後のことだどの紙面もテロ関連の記事で埋め尽くされ、それ以外は国内・国際政治の記事だ。その中に「日本で忍者募集」だから、おもわず口元が緩み、ほっこりした。

読んでみると、記事を書いた記者がおもしろがっていたのは、忍者募集そのものではなく、日本人より数倍多く、アメリカ、ヨーロッパから応募が殺到したことだった。そして忍者を知らない読者のために「忍者は日本の封建時代の隠密戦士」と説明もつけてあり、妙に納得したものだ。

その後忍者隊はどうなったか、気になったので調べてみた。(みなさん、とうにご存じかもしれませんが)

 

忍ばないスターな忍者 新メンバー

f:id:cenecio:20160513111010p:plain

書類選考のあと → オーディションで24人選出 → そして7人に決定した。

日本人6人、外国人1人。異国人忍者は、アメリカ国籍のクリス・オニール氏(29歳)でフリーランニングやアクロバットが得意なんだそう。

 

そしてお披露目の様子。

www.youtube.com

 

3.絵文字にそんな裏の意味が!

 絵文字は日本生まれだが、もう何年も前から、世界中”emoji”で通じる。はじめのうちは文化の違いから(ジェスチャーや身振りが違うのと同じように)絵の意味がわからないものも多いらしくて、解説をするサイトやemojiの意味を巡ってツッコミを入れて楽しむフォーラムなど、おおいに盛り上がっていた。

例えばこれ

f:id:cenecio:20160517161531p:plain

日本人なら「眠い」「寝ている」と理解すると思うが(それとも違う?)、欧米人には見当もつかないらしい。

「なに、あの風船は?」

「風邪で鼻水が出るんでしょ」

本当の意味を教えられると

「おかしいよ。眠っているなら " zzz " でしょ」

すると日本の漫画を読んで育った人が得意げに言うのだ。「え~知らないの?漫画読んでたらみんなわかるのに」。

下のはオランダ語の個人のサイトだが、「みんなの絵文字の使い方、間違ってるよ。私が教えてあげるね」と解説している。

www.dutchcowboys.nl

私は全然使わないので、知らない絵文字も驚きの発見もたくさんあった。

たとえば

f:id:cenecio:20160517161749p:plainf:id:cenecio:20160517145836p:plain

 

左:流れ星などではなく、眩暈や立ちくらみのとき見える星、というのだが本当に?

真ん中:口笛を吹くではなく、キス。

右:喜んでいるのはなく、OK(許可、同意)を表している。絵文字って難しい。

 

f:id:cenecio:20160517150120p:plainf:id:cenecio:20160517150219p:plainf:id:cenecio:20160517150252p:plainこの三つはさすがにわかる。しかし外国人は

左「グリーンピースなどの野菜スープ」

真ん中「ハイタッチ(High-five)」

右「腕立て伏せ」だと思うらしい。

 

まあ、ここまでは「文化の違い」が楽しめ、のどかな世界だ。

しかし、絵文字は裏の意味でもよく使われている。一番多く使われているのは野菜のナスで、これは男性の性器を意味する。桃は…もう言わなくてもわかるね。ほかにも二重の裏の意味を持つものがあり、絵文字だけでイミシンな文が作れる。親しい間で楽しむなら問題はないのだが・・・。

 

絵文字使用を禁止

イギリスのガーディアン紙(下の記事)にあるように、昨年インスタグラムは、ナス(英語 eggplant またはaubergine ) の使用を禁止した。明らかにある特定の意図があって使われており、規約に抵触するからだという。バナナやモモもいずれ禁止になるのかな。

そしてタコスも問題があるって?タコスの絵文字を考えた人(アメリカ人)はピザやハンバーガーがあるなら、タコスもいいよね、と思っただけなのだ。

さらに"Flirtmoji"なる世界もあるなんて!

話が見えないかたはご自分で記事をお読みください。

www.theguardian.com

のどかな絵文字の世界は壊れつつある?いずれにせよ自分は使わないからいいけど。

 

4、ランジェリーの名前が意外

日本女性の名前は下着にも使われていた。

f:id:cenecio:20160517165220j:plain

ベルギーの下着ブランドが、日本イメージで「秋冬コレクション」を展開したことがあった。前回の滞在時2007年のことだが、ある日オランダ語新聞を読んでいたら、下着姿の女性の写真と、「日本的奥ゆかしさ」という記事タイトルが目に入った。何これ?ちょっと待って。かなり慌てた。

 広告ではない。れっきとした記事である。ベルギーの高級ランジェリーブランドMarie Jo が、この年の秋冬コレクションのテーマに選んだのは「日本」である、日本女性のみっつの名前を冠したランジェリーのシリーズを発表したという記事だった。

 

三人の名前が意外だった。

AKIKO、REI、IKUMA

えっ、イクマって女性の名前かなあ。まあまあ、細かいことは言わない。マリー・ヨーの世界なんだから。

記事は長いのでざっくりまとめると、マリー・ヨーのニッポン観とは

洗練と落ち着き、秘めやかな官能、パッと見にはわからない手の込んだ贅沢、伝統と流行の調和。

 

AKIKO(上の写真)のシリーズでは、ボディに刺青をえがくかのごとき、繊細なレース使いにより、ほのかなエロスを演出している。デザインと色のバリエーションを用意している。

 

REI

f:id:cenecio:20160517172049j:plain

 レイのシリーズでは、日本人が大好きだという千鳥格子模様を取り入れたり、生け花をデザインした豪華な刺繍が特徴的。職人の高度なテクニックが光る。暖色の茶色やモスグリーン、あるいは白などがある。

 

IKUMA

イクマは着物からインスピレーションを得ていて、手描きの図柄(手描き友禅のことか。記事を書いた記者の取材なので)や日本刺繍風のデザインが目を引く。皇室の人が着るような着物をイメージしている、etc...。

 

あくまでマリー・ヨーのニッポンなのである。

f:id:cenecio:20160518153208j:plain

終わります。