読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輸入した(い)ニッポン語「過労死」”Karoshi ”

過労死

とっくに国際語になってしまったKaroshi, それどころかkaro-jisatsu過労自殺)という言葉まで目にする。Karoshiは、2000年はじめころには英語圏の辞書に載っていたらしい。寡聞にして知らず、私が実際に聞いたのは前回の2007‐08年のベルギー滞在である。そのときどんなにショックだったか、ちょっと想像してみてほしい。

個人的にはあのベルギー滞在の「三大ビックリ」のひとつと数えている。ちなみに他の二つは既出、すなわちデスノート絡みのKIRA殺人事件と

cenecio.hatenablog.com

 日本女性の名前がついたランジェリーシリーズである。

cenecio.hatenablog.com

そしてビックリの三つめがKaroshi問題。

前にも話した通り、私はブリュッセルに1年住んでいて、夜は酔っぱらって寝ていなければ、結構テレビを見ていた。ある日TVをつけると、日本人女性が日本語でしゃべっているではないか。トヨタの自動車工場で働いていた夫を過労死(2002年)で亡くした女性で、インタビューに答えていた。あとで調べると、お名前は内野博子さんで、このほど裁判で労災認定を勝ち取ったということだった。(2007年11月判決)〔追記*〕

インタビュー自体はベルギーの独自取材ではなかったが、”Karoshi ”が普通名詞化されていることに私は衝撃を覚えた。

またそのころ、日本の過酷な労働状況を解説する新聞記事なども読んだ。

カイゼンは業務か、それとも自己研鑽か--『QC』を業務と認めるトヨタ過労死裁判の波紋 | オリジナル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

自殺はサムライの伝統?

過労死や日本人の労働観を解説しているサイトがあったので、ざっくり訳してみる。

おいおい、とツッコミを入れたい気持ちをグッと抑えて読んでください。

Karoshi: dood door overwerk | Mens en Samenleving: Sociaal cultureel(原文オランダ語

 

”日本政府は「過労死」の実態について1992年にはすでに認識していた。原因は、長時間労働、少ない休暇、業績へのプレッシャーなどである。

公的には年に60~100件と報告されているが、実際はそれでは収まらないだろう。鬱病燃え尽き症候群などになったり、過労による自殺(karo-jisatsu)も多い。

日本人は生涯、一つの会社組織に身を捧げて働く。会社も福利厚生や昇格などで社員の面倒をみるから、いわば相互依存関係でつながっている。会社が人生のすべてだと考える人にとって、業績が悪いのは実に不面目なことである。組織内で孤立し、苦悩して自殺に走る人もいる。メンツを重要視するサムライの時代からの伝統である。

日本人は休みを取りたがらない。休暇の権利を全部使って休む人はほとんどいない。せいぜい夏、お盆の時期に一週間程度だ。

失業すると、失業手当は長くて一年しか出ないから生活に困る。無職を恥じて家を出、家族を捨ててホームレスになる人もいる。

また定年は60歳だが、それを過ぎても働く人が多い。金が必要というよりも、基本的に外で働くのが好きなのだ。うちにいても趣味もないから手持無沙汰で、むしろ会社で働きたい。つまり家庭生活は、会社や仕事より重要ではないのである。”(終わり)

 

ルノーの過労死問題

このころフランスでも過労死の嵐が吹き荒れた。

ルノーRenault S.A.S.)は、フランスの自動車製造会社。パリに本部があるが、2007年、社の心臓部とも言われるイヴリーヌ県のテクノセンターで、3ヶ月の間に従業員3人が自殺していた。このとき、CEOであるカルロス・ゴーンは、日本の過労死をフランスに持ち込んだと揶揄された。

f:id:cenecio:20160622101147p:plain

Suicide chez Renault en 2007 : ultime décision de justice jeudi (記事:フランス語)

のちに過労死と認定された。

 

https://ih1.redbubble.net/image.194428682.9814/tb,1200x1200,flat.2u1.jpg

フランステレコムの悲劇

信じられないかもしれないが、自殺者23人というとんでもない数字。

従業員10万人の、フランス通信最大手のフランステレコム(France Telecom)では、労働環境の過酷さから2008~2010年の間に自殺が相次ぎ、大きな社会問題になった。

しかも23人目の女性は自殺直前に父宛てのメールを送り、その生々しい文面を週刊誌が掲載し、衝撃が走った。「私が23人目の自殺者になるのよ」

通信市場はどこの国でも同じだと思うが、厳しい競争にさらされている。再編を重ね、従業員は疲弊し、人間らしい感情を奪われ、体を壊し、追い詰められていく。

www.parismatch.com(週刊誌の記事:フランス語)

 

記事によると、臓器提供のドナーカードを身につけていたという。ペットのウサギとネコを引き取ってエサをあげてね、というところが泣けてしまう。

 

日本では

どうも少しも改善されていないようだ。

最近、Yahooニュースの記事を読んだので貼り付けておく。

news.yahoo.co.jp

上記サイトに入ると以下の記事も読める。非常に学べる。

・仕事で私が壊れる 人生を搾取する「全人格労働」4月26日(火)

・「代わりがいない」から追いつめられる 中小労働者の嘆き 5月24日(火)

・働く人として尊重されない 疲弊する非正規社員 5月31日(火)

 

さいごに今日のタイトルについて。

輸入した(い)ニッポン語としたのは、去年オランダ人が書いたある記事を見つけて、日本語には便利な言葉がいろいろあるとし、11個を挙げていたからである。

「過労死」”Karoshi ”は、一言で広い範囲を含む。

過労による病死、仕事で追い込まれての自殺、鬱病など精神を病んだのちの(交通)事故死など、死因は違っても原因が仕事や職場のストレスであるという様々な状況を一語にふくんでおり便利なのだ。裁判でも使える。

 

今日は暗い話題でした。

私たちの社会の問題なので、目をそらせるわけにはいきません。

そして労働環境・・・。

 

輸入した(い)ニッポン語、続きます。

f:id:cenecio:20160622190503j:plain