バングラデシュのテロで思うこと -1-

統計や数字は上げられないが、テロの襲撃事件と死傷者数はここ数年でぐんと増えた、さらに増え続けていくような印象を持っている。

また昨日と今日も、イラクとサウジアラビア3都市でテロが起きたようだ。毎日毎日TVで、新聞でそのニュースを聞き、気持ちが塞いでしまう。

今日はとてもじゃないけれど、明るいことは何も書けないので、テロについて思うことを書こう。

 

f:id:cenecio:20160705111334j:plain

写真は、ベルギーの連続テロのあと、広場に置かれたもの。ここで写真を撮って「自分は生きているよ(Je suis vivantと鏡の上部に書いてある)」と家族や友人にメールを送ってね、ということらしい。

 

やり場のない憤り

バングラデシュのダッカで犠牲になった、7人のご遺体が羽田空港に到着する様子をTVで見た。悲痛と怒りでことばもない。あの国のために出かけていって働いていた、志高き人々なのに。イタリアの9人のかたがたの写真も、イタリアの新聞で見た。妊娠中で母国で出産しようと、数時間後には飛行機にのる予定だった女性。その送別会に集まった親しい仲間たち…。

現場はHoley Artisan Bakery(下の地図)

f:id:cenecio:20160705114331p:plain

Bangladesh attack: Shock over 'elite' Holey Cafe suspects - BBC News

地図上ですぐ左にロシア大使館、川を渡ると日本大使館、アメリカ大使館、それに日本人学校もあるという。

 

今朝のフジTVなどの報道では、事件後、救出された現場飲食店のコックと、犯人らの大学の(元)教授がグルだった可能性もあると取り調べを進めている、ということだ。入念に計画されたかもしれない。

 

私が今回のテロで一番怖いのは、ISが「アジアでの勢力拡大」をもくろんでいるふしがあること。朝日新聞7月4日付け記事から引用。

ISは4月、ネット上の英文機関誌に、ISのバングラデシュ司令官とされる人物のインタビュー記事を掲載した。

(略)

バングラデシュ政府や軍への敵意をあらわにした上で、同国が「世界的な聖戦(ジハード)を遂行する上で地政学的に重要だ」と主張。

「イスラム教徒に戦いを仕掛けてきたインドのヒンドゥー教徒が標的だ」とし、バングラデシュをインドに対する攻撃の拠点とする構想を語った。

(略)

ISはアジアで勢力を拡大するために、イスラム教徒が国民の9割を占めるバングラデシュで影響力を強める狙いがありそうだ。

 

若者たちの迷走

今回の犯人7人のなかに、裕福で教育のある若者たちが含まれていることも驚きをもって見られた。しかしISに惹きつけられる若者の動機は、実に多種多様なのだと思う。貧困、失業、過激思想だけでなく、社会で孤立し、居場所がみつけられず、誘われるまま安易に、それこそ部活に入るくらいの軽い気持ちで動く若者も多いようだ。

西洋社会では差別による無力感も大きい。履歴書をいくら出してもアラブ名だと、面接にはよんでもらえない。これには社会学者(訂正:経済学者の間違いでした。7月11日)がおこなった実験結果もあって、発表されたときの衝撃は大きかった。(別の機会に紹介したい。追記:こちらの記事7月12日↓)

 

cenecio.hatenablog.com

 

 

世代間のギャップもある。親たち年輩者は、現代の若者が理解できない。自分らは苦労したが、子供達には何一つ不自由させなかったつもりだ。それなのに、なんという怠け者ばかりか。自分らはあの年代ではとっくに自立していたのに。困ったものだ。

子供にしてみれば、勉強しろ、職を見つけろ、といわれてもそんなに簡単じゃないのだ。イスラム教の指導者(各地域、モスクごとにいる)にしても教条的なことを繰り返すばかりで、若者が今抱えている悩みや問題に向き合ってくれる人は少ない。だれにも理解してもらえず、孤立を深めているとき、インターネットやyoutubeで仲間にならないかと誘われる。

ISはずる賢い。戦闘員としてヨーロッパの都市に送り返すとき、イスラム教を熱心に信仰していないふりをさせる。たとえば酒は禁止なはずだが、ラッパ飲みしているところを周囲に見せておく。麻薬も今どきの若者と同じように、少量程度やらせる。つまり目標達成のためなら、禁じられていることも手段として許される、とISは説く。

こうして過激思想になど染まっていないこと、シリアに渡ったのはちょっとした間違いだったと後悔している・・・そんなふうに親や周囲の目を欺いておいて、やはり戦闘地帰りの仲間とテロの襲撃に走るのだ。

 

f:id:cenecio:20160705131624j:plain

(写真:3月27日、テロ後初めての日曜ミサ。ブリュッセル)

 

バングラデシュといえば、『バングラデシュ・コンサート』(The Concert for Bangla Desh)を思い出す。ジョージ・ハリスン(George Harrison)のチャリティ、バングラデシュ難民を救済するための、1971年のコンサートである。

 

バングラデシュといえば、地理上の場所がわからなくて、飛行機の中でバングラデシュ人の若者に教えてもらったことも。わあ、恥ずかしい。地理で習ったはずでしょ。(←言うな!)1970年代は貧乏旅行に、安い南回り(*)の飛行機を利用していた。何度かパキスタン航空を利用したが、カラチで一泊して翌朝また飛ぶ日程になっていた。(ホテル代は航空会社持ち)。この飛行機に乗る人は、ほとんどがパキスタン・バングラデシュ・インド人、だった。

「バングラデシュは世界で一番貧乏な国です」と青年が笑顔で言うので、ついこちらもつられて笑ってしまった。

*「北回り」については過去ログを見てください。

 

cenecio.hatenablog.com

 

犠牲になったかたがたのご冥福をお祈りして、今日はこれで終わります。

テロについてはシリーズで書くつもりです。続きをお読みください。

 

 

cenecio.hatenablog.com

 

 

cenecio.hatenablog.com

 

追記:外務省のサイト

www2.anzen.mofa.go.jp