読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネロはルーベンスになれたかー「フランダースの犬」

今日は、私以外の多くの皆さんがなじんでいる物語「フランダースの犬」を取り上げてみる。私はこの「国民的アニメ」を見ていないため、みなさんと思いを分かち合うことができない。

『ムーミン』は見たのだが、そのあとに来る一連のアニメ作品『アルプスの少女ハイジ』(1974)、『赤毛のアン』(1979)、『トム・ソーヤーの冒険』(1980)を見てこなかった。『家族ロビンソン漂流記ふしぎな島のフローネ』だけは10年以上も経って、パリで子供と一緒に見ていたのだが。

 

以前、iireiさんが取り上げた記事を紹介します。

d.hatena.ne.jp

 

「アニメで読む世界史」という本の中から、「フランダースの犬」についてのくだりを丁寧に引用してくれている。ありがたいことに、著者がどう考えているかほぼ全部わかる。(みなさんも引用部分を読んでください)

f:id:cenecio:20160715162805p:plain

(Boklijk 野外博物館)

わたしはまず図書館で、完訳『フランダースの犬』を読んできた。

フランダースの犬 (偕成社文庫) 単行本 – 2011/3/17
ウィーダ (著), 佐竹 美保 (イラスト), 雨沢 泰 (翻訳)

 

著者ウィーダはイギリス人で 1839年生まれ、1908年没。本名Marie Louise de la Raméeという。超売れっ子の小説家で40冊ほど作品を残している。

イタリアに移住し、贅沢三昧の華やかな生活を送った。愛犬家で動物愛護協会を設立するために尽力し、常に複数匹の犬と暮らした。だが亡くなるときには破産していたという。

f:id:cenecio:20160715163729p:plain

「フランダースの犬」A Dog of Flanders and Other stories、 発行が1872年。

これはウィーダが、フランダース地方への旅行をきっかけに「クリスマス物語」として書いたものだ。ネロはアントウェルペンのカテドラルで、クリスマスの日に息を引き取る。憧れの偉大なる画家ルーベンスの絵の前で。

 

ウィーダは終始、フランダース地方や人間を否定的に書いている。犬をロバや馬並みに酷使するのを見て、心を痛めていたのだろう。イギリスやフランスでは犬を労働に使うのは禁止されていた。(ちなみに牽引犬の禁止はベルギーで1952年、オランダで1961年である)

 

ネロは15歳で、大人の入り口に立つ少年である。日本アニメと違い、金持ち農夫のひとり娘、アロワ(12歳)と将来を誓い合う仲であった。

不運にも一緒に住んでいたおじいさんに死なれ、家を追い出されてしまう。でもたったひとつ希望を抱いていたことがあった。絵画コンクールに絵を出品していたのである。

しかし結果は落選。ここでネロは失意に沈み、力つきてしまった。

 

f:id:cenecio:20160715162733p:plain

http://www.info-toerisme.be/Tourisme/Belgique/Limbourg/Bokrijk_FR.html

著者ウィーダはネロを才能に溢れた少年と見ている。ウィーダ自身、ルーベンスが好きで、この物語は美術を中心にすえた悲劇として描きたかったのだ。ネロが描いた老人の絵はすばらしいものだったが、「アカデミー」の審査員の目にはとまらなかった。しかし物語の最後では、1人の審査員がネロの才能を認めて、少年はどこだ、と必死に捜している。

もしネロが生きていたら?

『アニメで読む世界史』にある、「アカデミックな画壇で認められて」というのは画家になるための唯一つの道ではないと思う。工房などで丁稚奉公的に絵を学びつつ仕事もできるし、15歳なら勉強だって遅くない。貧しい農民の子供たちがみな小学校に行っていたとは考えにくいが、おじいさん(母の父親)の愛情をたっぷり受けて育っているし、アロワという良き友人もいた。貧しい以外は、自然と愛情に育まれて、心正しく意志が強く、努力を怠らない、才能ある少年ネロだった。

ルーベンス級の画家になるかどうかは別として、一生絵を描いて暮らせただろうし、収入もあればアロワと結婚できたかもしれない・・・と私は頭の中で別バージョンを作り上げて、ニッコリする。

 

アニメの時代考証はどうなってるの?

これについては喧々諤々言われてきた。

日本人の私たちだって、ヨーロッパの作品(映画、文芸、漫画)で朝鮮半島の文化と混ぜて描かれていたり、どう見ても中国風の背景に、着物らしき衣服を着て出てくる日本人を見たらカチンとくるだろう。

フランダースの人たちは、日本アニメに、オランダのステレオタイプな風景のなか、どう見てもオランダの民族衣装を着た少女が出てくるのに我慢ならない。些末なことのように思うかもしれないが、とりわけ隣国と混同というのは非常にデリケートな問題である。リサーチくらいしろ、全くいい加減なんだから。見るに値しない、などと言われてしまう。

ところがリサーチにベルギーまで来たのである。

ウィキペディアから引用

アニメ
原作 ウィーダ(マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー)
監督 黒田昌郎
シリーズ構成 六鹿英雄、松木功、中西隆三
キャラクターデザイン 森康二
音楽 渡辺岳夫
アニメーション制作 ズイヨー映像、日本アニメーション
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1975年1月5日 - 同年12月28日
話数 全52話

監督である黒田昌郎氏は、1974年アントウェルペンに調査に来た。しかしベルギーではだれもウィーダの作品を知らず、当時の様子を教えてくれる人も現れなかったという。困り果てた監督を救ったのが、オランダの空港スキポールまでの旅だ。そこで目にした風景をスケッチしたのだ。(絵を描く人なんですね。ネロと同じ)。それをもとにアニメは作られたということだ。

 

上に載せた2枚の写真は「野外博物館」(1958年オープン)だが、それすら誰も教えてくれなかったそうだ。なぜ?フランダース人は親切じゃない?

フランダースの人たちにとって貧しい過去に立ち返り、どんな形でも目にするのがいやらしい。アントウェルペンは街のイメージにこだわり、だいぶ前からファッション・食・ダイヤモンド・美術(とくにルーベンス)・国際港湾都市、といったモダンなコンテンツを強調している。

惨めな負け犬のストーリーはごめんなのである。

 

過去記事、よろしければ参考にしてください。 

cenecio.hatenablog.com

 

cenecio.hatenablog.com

 

今日は終わります。ありがとうございました。

今後もはてなのみなさんの記事、言及させていただきます。事前にお断りしないけど、大丈夫ですか?(常識がないもので)

 

f:id:cenecio:20160715181141j:plain

(写真:ネロが倒れたカテドラル、塔の修理をする人たち3月)