ポケモンキャラの名前を子どもにつける親たち ・記念切手

 小学校に入学したら、クラスメートはポケモンのキャラクターばかりだったら?

 

f:id:cenecio:20160808184258p:plain

http://www.lesoir.be/1285683/article/soirmag/actu-soirmag/2016-08-08/pokemon-go-bebes-au-nom-pokemon-augmentent

http://geeko.lesoir.be/2016/08/08/de-plus-en-plus-de-parents-donnent-des-noms-de-pokemons-a-leurs-enfants/

ロゼリア - きれいな名前だ。自分ではすごく気に入っているとしても、教室やスポーツスクールなどで、ここにもあそこにもロゼリアちゃんがいたらどんな気分だろう。

 

ポケモンGOの人気はまだどのくらい続くかわからないが、ベルギーのフランス語新聞で、ちょっと前に呼んだ二つの記事、ほぼ同じことを言っているが、簡単にまとめる。

 

すでに1990年代の初めには、アメリカでポケモン由来の名前を新生児につける親が現れた。Onyxである。オニックス、それともオニキスと発音するのか。「日本の名前はイワークよ」とうちの子どもが教えてくれた。アメリカの"BabyCenter"という団体によると、すでにこの名前を自分の子供に選んだ親は2000人を越したという。

f:id:cenecio:20160814154132p:plainOnyx

Ivy = イーブイは1377人。

f:id:cenecio:20160814154814p:plainIvy

Roselia = ロゼリアは5859人。

f:id:cenecio:20160814154946p:plainRoselia

ほかにもAshが248人で、これは日本の名前ではサトシのことだ。Ashは、英語圏には普通にある名前アシュリーを縮めた形で使われるが、記事を書いた筆者はすぐさま、映画の『死霊のはらわた』(原題: The Evil Dead)の主人公を思い浮かべるし、Ivyは、むしろ映画『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』に登場するPoison Ivy (Uma Thurman)を思い浮かべるな、と言っている。

f:id:cenecio:20160814155645p:plainIvy

そして今のところ、まだピカチュウはいないそうである。

 

 

羨ましいぞ、ニッポン!

ピカチュウ大量発生チュウ!」

www.demorgen.be

f:id:cenecio:20160814161442p:plain

f:id:cenecio:20160814161524p:plain

疎くて全く知らなかったのだが、オランダ語新聞のほうには、横浜で行われたピカチュウパレードの写真がたくさん載っていた。

 

 

アントウェルペン動物園が大変

ポケモンを捜す若者たちで溢れっちゃってる~。

 

f:id:cenecio:20160808184634p:plain

f:id:cenecio:20160808184704p:plain

www.demorgen.be

普通の見学者の邪魔にならないかと心配したが、これは8月5日金曜日限定のイベントなのであった。この日の夜7時から9時まで、ポケモンGOをプレイする市民に、無料で動物園を解放したらしい。無料といっても、自然環境保全のために、来場者から3ユーロの寄付を受け付けたもよう。15000人が訪れたという。

記事のなかにビデオがあったのだが、下の画像が印象的である。たしかイスラム教ではポケモンは禁止、と聞いたのだが、詳しくは知らない。画像の女子たちは、スカーフをかぶっていてもアントウェルペンで生まれ育って、宗教を排した公教育を受けているのだろう。

f:id:cenecio:20160814163041p:plain

 

 

私の動物園見学の記事はこちら。(今年3月、テロの前)

cenecio.hatenablog.com

 

記念切手発行

今年2016年は、日本とベルギーが国交を樹立して150周年を迎え、数多くのイベントがある。

www.post.japanpost.jp

f:id:cenecio:20160813100045p:plain

上から左→右の順で。

(1)、(2)
ブリュッセルのグランプラス
(3)
ダイヤモンド
(4)
球根ベゴニア
(5)、(6)
(7)
ワッフル
(8)
ビール
(9)、(10)

 

全部は解説しないが、2点だけ。

一番上のグランプラス世界遺産、70✖110mの広場)の写真、この角度で撮ったのはめったに見ない。絵葉書にはまずないだろう。もっと華やかで美しい方、たとえば市庁舎を入れて写真を撮るのが一般的だから、ちょっと驚いた。

 

ベゴニア。えっ、これがベゴニア?と、私も最初見たときは別の花だと思った。

ベルギーはこの種のベゴニアの一大生産地で、オランダ、フランス、アメリカなどに輸出している。

f:id:cenecio:20160814170546p:plain

ゲントという町で1860年に作られた品種で、名前は”BEGONIA TUBEROSA GRANDIFLORA”というそうだ。色が鮮やかで、暑さや乾燥に強く、花が大きくて見栄えがする。

f:id:cenecio:20160814171626p:plain

様々な色があるので、これを組み合わせて花の絨毯(フラワーカーペット)を作る。

 

続き

cenecio.hatenablog.com