ロシアの真実-2- プーチン式愛国教育で育つ子どもたち

先日、「ロシアの真実」をひとつ紹介しました。

覚えていますか、つるふさの法則です。

ロシアでは帝政時代から現在までのおよそ200年もの間、最高権力者の頭がハゲている者(つる=bald)とそうでない者(ふさ= hairy)が交互に就任する、という厳然たる規則があること。

ご存じない方は過去記事で。

cenecio.hatenablog.com

 

今日は ロシアの真実第二弾。

背筋が寒くなるロシアの愛国教育について。

写真は、アメリカの写真家Sarah Blesenerさんがロシアの学校やキャンプ場で撮ったものを幾つかのサイトからお借りしています。

 

Sarahさんのtwitter

f:id:cenecio:20170219124743p:plain

2015年、ロシア政府は愛国教育プログラム2016-2020に対して、2億7千万ユーロという巨額の予算を当てました。子どもたちにも祖国を守るという責任と自覚を植え付け、訓練やイデオロギー教育を通して、いざという時の準備をさせようというものです。

訓練は学校の授業のあとやキャンプなどで行います。

軍事ボーイスカウトみたいな?

オランダ語新聞De Morgen紙「キャンプ・プーチンへようこそ」から。

Welkom in Kamp Poetin

 

f:id:cenecio:20170219124006p:plain f:id:cenecio:20170219124014p:plain

右:Dmitrovの公立学校でいかに早く毒ガス用マスクを装着できるかを競う。

 

f:id:cenecio:20170219130031p:plain f:id:cenecio:20170219124038p:plain

過去の戦争を追体験する戦争キャンプ、Borodinoにて。右:訓練で疲れ果てた子どもたち。

乗馬も必須。祖父たちの世代の戦争に思いをはせる。

f:id:cenecio:20170219124057p:plain f:id:cenecio:20170219124134p:plain

右:歌いながら行進するところ。Dmitrovの学校で。

左:イゴール君(14歳)が自分の武器を試している。

 

f:id:cenecio:20170219131047p:plain

愛国教育、イデオロギーの授業。(2016年4月)

f:id:cenecio:20170219131217p:plain f:id:cenecio:20170219131401p:plain

可愛い兵士たち。

f:id:cenecio:20170219131245p:plain

歴史上の戦闘について学ぶキャンプ。

生徒たちは第二次大戦の軍服を着ている。

f:id:cenecio:20170219131313p:plain

射撃訓練をする子どもたち、Borodinoにて。

f:id:cenecio:20170219131340p:plain

偽の手榴弾エアソフトガン(Airsoft Gun)で撃つ練習。

http://www.sarah-blesener.com/

f:id:cenecio:20170219135655p:plain

エアソフトガンの練習。

f:id:cenecio:20170219134029p:plain

戦術訓練をする子ども。Diveevoにて。

 

そして最後はちょっと笑えるロシアの英雄たち。

f:id:cenecio:20170219135555p:plain

The Russian Summer Camps Where Students Box and Assemble AK-47s | WIRED

ソ連時代のまんま、って感じ。

日本では報道されないロシアの現実でした。

 

さてもうじき2月23日ですが、何の日かご存知ですか。

ロシアでは祖国防衛の日だそうで休日です。

ウィキペディアによれば、1918年のこの日、ソ連赤軍ドイツ帝国軍に初めて勝利したことを記念して作られました。ソ連崩壊後の1991年に現在の名称になったといいます。

 

人類史上最大の水素爆弾

最後の話題は もっと怖い、単一兵器としての威力は史上最大の

ツァーリ・ボンバ。昨日、たまうきさまが書いてらっしゃいます。

ni-runi-runi-ru.hatenadiary.jp

広島の原爆「リトルボーイ」の3300倍というのだから見当もつきませんが、それを一目瞭然のわかりやすいグラフにしてくれた人がいました。

Maximilian Bode氏といって、The New Yorker誌のアートディレクターだった人。

(↓こんな絵を描く人です。見たことがありますね。Sketchpad: Pixies at the Bowery Ballroom - The New Yorker

 

その衝撃のグラフは、たまうきさまのブログでご覧ください。

 

実験の場所

f:id:cenecio:20170219153442p:plain

1961年10月30日に赤い点(ノヴァヤゼムリャ)の所で、実験が行なわれました。

フルシチョフが、1961年7月10日、共産党大会開催中の10月下旬にこの爆発実験を行うように、と指示を出したのです。

第二次世界大戦中に全世界で使われた総爆薬量の10倍の威力を持つといわれるこの100メガトン級(実際は50メガトン)核爆弾の核爆発は2,000キロメートル離れた場所からも確認され、その衝撃波は地球を3周した。

(略)

ツァーリ・ボンバは本来、核分裂-核融合-核分裂という3段階の反応により100メガトンの威力を実現する多段階水爆である。

しかし、100メガトン級の爆発ともなれば、ソ連領内の人口密集地へ多量の放射性降下物(死の灰)が降ってくることが予想されたため、実験にあたっては第3段階のウラン238核分裂を抑えるようにタンパーが鉛に変更され、出力は50メガトンに抑制された。

この結果、放出される放射性物質の量はその出力の割にはかなり小規模なものとなった。

ウィキペディアより)

f:id:cenecio:20170219164340p:plain

ツァーリ・ボンバは特別な改修をうけたTu-95戦略爆撃機(写真)によって運搬・投下された。測定・撮影用にTu-16Vが随行していた。

熱線による被害を最小限に抑えるため、この2機には特殊な白色塗料が塗られていた。
ツァーリ・ボンバには、重量800kgにも達する多段階の減速用パラシュートが取り付けられた。これは、投下機が爆心地から45キロメートル程にある安全圏へ退避する時間を与えるためであった。このような対策をしない場合、猛烈な熱線と衝撃波が投下機を襲うか、弾頭が高速で地面に激突して一面に想像もつかない結果を引き起こしてしまう。

ウィキペディアより)

 

また、youtubeにビデオもあがっているので貼り付けておきます。

Tsar bomba - YouTube

このフルシチョフの時代、まだ子どもながらも核戦争が起きるんじゃないかと不安だったのを覚えています。ベルリンの壁が建設され、キューバ危機、ケネディ大統領の暗殺など…いろいろありましたが、日本では1964年に初めてのオリンピックが開かれました。

ロシアの真実-2- 終わります。

 

おまけ

こちらもロシアの真実、いや、「ロシアの現実」かな。

いつもお世話になっている

Only In Russiaさん。Only In Russia (@CrazyinRussia) | Twitter

 今日は犬だけです。

宇宙飛行士

f:id:cenecio:20170216183030p:plain

f:id:cenecio:20170216183920p:plain

 

追記:ウクライナ再燃

世界がトランプに振り回されている間に、ウクライナの東部では

政府軍と親ロシア軍の戦闘で、多くの死者が出ている。

f:id:cenecio:20170207145949p:plain

http://www.interpretermag.com/day-1084/?pressId=16073

f:id:cenecio:20170207145835p:plain

  こちらのサイトではわかりやすい地図を用意して、深刻さと即時停戦の必要を訴えている。「民間人に死傷者が出ているほか、数千人が食料や暖房のない状態に陥っている」という。