フランスで実写化「シティハンター」『冴羽獠とキューピッドの香水』追記:映画予告編と反応

”Nicky Larson et le parfum de Cupidon”

(『冴羽獠とキューピッドの香水』)

フランス人が主演・脚本・監督のフランス版シティハンターを映画化するらしい、その話は去年書きました。もうあれから10カ月もたってしまい、しかも先月末に映画の撮影も終了したとのことなので、続報を簡単に書いておこうと思います。

映画化に至るいきさつやフランス人の反応などは過去記事のほうでどうぞ。

cenecio.hatenablog.com

撮影中、情報はなかなか漏れてきませんでした。私が今日のエントリで参考にした出典は数少ないTwitter等です。もうそれしかない。フランス人ファンも映画関係者のTwitterやインスタグラムの投稿を心待ちにし、そのたびにああだこうだと騒ぎ立てる・・・

まあ、それも楽しかったですけどね。

 

フィリップ・ラショー(Philippe Lacheau)は 去年の11月に来日。推測するに、11月29日ANAでパリから東京羽田に飛んだようです。そして自分の書いたシナリオを北条司氏に見せ、無事OKをもらいました。シナリオ&映画のタイトルは『冴羽獠とキューピッドの香水』”Nicky Larson et le parfum de Cupidon”というようです。

 

フィリップ自身のツイートです。

f:id:cenecio:20180207094615p:plain

冴羽 獠 と キューピッドの香水

脚本・台詞 フィリップ・ラショー、ピエール・ラショー、ジュリアン・アルッティ、ピエール・デュラン。4人の連名になっています。

 

映画封切りは 2019年2月6日だそう。(写真の右端ですが、ポスターはまだできておらず告知だけ)

f:id:cenecio:20180207081328p:plain

 

ポスターができました。

https://pbs.twimg.com/media/DfKiwXvX0AEsx6g.jpg:large

↑2月3日には

フィリップは実家に帰ったら懐かしいものが出てきたよ、と報告しています。なんと1992年のドロテクラブの雑誌。1980年生まれのフィリップはまさにドロテ世代なんです。シティハンタードラゴンボールが好きだったとインタビューで熱く語っています。

雑誌を開いて中をちらと見せてくれるフィリップ。

わあ、珍しいですね、おっしゃれなリョウちゃん!

f:id:cenecio:20180207084156p:plain

 

ローラ(槇村香 役)を演じるはこちら Elodie Fontan。

f:id:cenecio:20180917182230p:plain

f:id:cenecio:20180917182140p:plain

 

車 ミニクーパーが届いた。

f:id:cenecio:20180917183703p:plain

 

フィリップは金髪なので毎回髪を染めなければならない。

f:id:cenecio:20180917183800p:plain

 

マンモス(海坊主)を紹介するよ、とフィリップ。

 

f:id:cenecio:20180917183420p:plain

凄い迫力だな。

↓しかも撮影中二人でサッカーワールドカップ・フランス代表を応援している(笑)。

f:id:cenecio:20180917183219p:plain

 

映画のひとこま。プロデューサーの人が写真を撮ってくれたらしい。

f:id:cenecio:20180917184002p:plain

 

やはり撮影のひとこま

https://sm.ign.com/ign_fr/screenshot/default/dh0cwfewkaafh5a_n8vy.jpg

https://sm.ign.com/ign_fr/screenshot/default/nicky2_17fm.jpg

https://sm.ign.com/ign_fr/screenshot/default/nicky_m1e9.jpg

写真3枚の出典:

Nicky Larson laisse échapper des photos du tournage du film - Nicky Larson et le Parfum de Cupidon

 

ツイートなど

f:id:cenecio:20180926070849p:plain

f:id:cenecio:20180926070928p:plain

f:id:cenecio:20180926071015p:plain

そして14週にわたる撮影が終わったというお知らせ。

みんなほっとしてる?

f:id:cenecio:20180917184128p:plain

 

さらにちょっと話題なのは、10月にパリで”Comic-Con Paris”(*)というポップカルチャーのお祭りがあるんですが、そこにフィリップが招待されていること。映画の予告編の発表やファンサービスがあるんじゃないかと…。

www.9emeart.fr

 *Comic-ConのHP Comic Con Paris, Le festival de la pop culture

 

今日はここまで。

また続報をお知らせできればと思っています。

 

🌸連絡:yokobentaroさま、前の拙記事内の横チンさまのリンクが消えておりましたので、書き直しました。また近いうちにお会いできることを楽しみにしております。

 

*追記:9月25日 映画の予告編来ています。

youtubeはこちら。 

www.youtube.com

 

反応はさまざま

予告編を見たら恐れていたほどひどくなさそう、という人のほか、シティーハンターには興味がないが映画「ベビーシッティング」シリーズのファン、フィリップ自身のファンは楽しみにして必ず見にいくと書き込んでいる。

もちろん「ジョークだと言ってくれ」といまだに書いている人も。否定的なコメントもかなり多い。

このひと、激しいな↓ 

f:id:cenecio:20180926071229p:plain

端的にいえばこういうことだ。

・原作シティーハンター=カルトシリーズ

・ニッキーラルソン(仏語吹き替えのアニメ)=シティーハンターの廉価版

・映画ニッキーラルソン=

シティーハンターの中国製海賊版ウズベキスタンで脚色(翻案)した、ノルウェー版リメイクのボリウッド(インド映画)。

 

日本語が反転しているのがおもしろい。

f:id:cenecio:20180926081725p:plain

こんなのも。 

f:id:cenecio:20180930180605p:plain

みんなニッキーラルソンのことばかり言ってるけどさ、その隣の映画(=写真のポスター)はたぶんもっと酷いよ。

 

↓予告編を見た人の反応は。

f:id:cenecio:20180930180912p:plain

 

こちらは

「 仏版ニッキーラルソンはどうやら日本のファンをちょっと怒らせているみたいだけど、こっちの本家本元のアニメ版予告を見てね」と。日本のアニメ版新シティーハンターも偶然来年の2月に封切り。

 

↓フランス人がまとめたネット民の反応。(翻訳はありません)

plugin.01net.com

 

予告編を見た反応はさんざんといっていいでしょう。ところが驚いたことにフィリップ自らこんなハッシュタグまで用意していたんです。9月27日の投稿でスマーフになっています。

#フィリップ・ラショー監督作品

https://stickershop.line-scdn.net/stickershop/v1/product/1280133/LINEStorePC/main@2x.png;compress=true

自身でコスプレしているのでしょうか。どうやら自虐っぽく「からかってもいいよ」ということです。すると直後からツイートがたくさん寄せられました。過激なものもあるので見たい人だけどうぞ。まあ、ちょっと可愛いのもありますが。↓