フォンスケの場所 (ビアカフェめぐり)・不思議な建物「五大陸の家」・ブラックパンサー

12月29日 今日も穏やかな天候だった。これでいいの?と心配になる。来年しっぺ返しが来たりして…ね。

Quinten Matsijs カフェ・クイントンマセイス.

f:id:cenecio:20151230011649j:plain

今日のビアカフェ、なんとアントウェルペン市庁舎と同じく、450周年をお祝いする、おめでたいカフェ・クイントンマセイス.(Moriaanstraat 17, 2000 Antwerpen)

とっても小さな通りにあるけど、アントウェルペンで一番古いカフェでとっても有名。なぜなら多くの小説家や著名人のstamcafe(行きつけの店)だったから。私の好きなWllem Elsschotも通い詰めていたらしいし、今ではお孫さん(フランダース地方で知らない人はいない、と言っても過言ではないかな。子供のころTsjipと呼ばれていた。)もいらっしゃるのだとか。

またTVの旅番組でご存知のかたも多いと思うけど、店主スヴェンさんは奥様が日本女性である。

f:id:cenecio:20151230011744j:plain

お店の外観。夕暮れのショット。

f:id:cenecio:20160411083804j:plain

f:id:cenecio:20160411083812j:plain

f:id:cenecio:20160411083820j:plain

f:id:cenecio:20160411083828j:plain f:id:cenecio:20160411090956j:plain

 

そして2回目 Den Billekletser

f:id:cenecio:20151231010029j:plain

今日はマダムだった。おじさんはどうしたんだろ。

写真の「今月のおすすめ」ビールをいただいた。

f:id:cenecio:20160411103810j:plain

 

Den Engel フォンスケの場所 

Grote Markt 3

f:id:cenecio:20151231224154j:plain

前から一度行ってみたかった憧れのカフェ。いつみても超満員で、いつか入れる日がはたしてくるんだろうか、と思っていたら、神様が一年の最後の日に願いを叶えてくれた。そう、今日は大晦日。で、朝の10時半(!)なんだけどね。

私の座っている席の右隣には、男性がビールを飲みながら新聞を読んでいるが、そのベンチこそが私の関心事である。そこは一人の常連客が決まって座る場所で、毎日同じものを注文していた。それも100歳を過ぎるまで。100歳の誕生日は家族はもとより常連の仲間たちが大勢集まり、祝ってくれたそうだ。高齢になり、施設に入ってからも家族の人が車で送り迎えしてくれたとか。男の名前はフォンスケ

f:id:cenecio:20160101220004j:plain

鏡に書いてある。こkがいつも腰かけていた席だ。

フォンスケ

101歳

1905-2006

またこの店のWifiコードは”fonske”である。

f:id:cenecio:20151231222122j:plain

朝から飲んでるお客さん。観光客のことは全然気にしないでくれてありがたい。

f:id:cenecio:20151231222210j:plain

中央左にトイレの入り口が見える。

二階にあがると小部屋があるそうで、学校の課外学習に出かけた子供たちが、昼時そこでサンドイッチを食べたりもするそうだ。アントウェルペンのいろいろな世代の人々が来るのである。

f:id:cenecio:20151231222258j:plain

メニューのDe Koninckはアントウェルペンのビール。上から"Bolleke"、そのほか二つ名前が並んでいるが、どうやらグラスの形が違うだけのようである。

 

f:id:cenecio:20160102034238j:plain

カフェの外に出る。この左の建物に入っている。美しいギルドハウスである。

f:id:cenecio:20160411083511j:plain

 

不思議な建物「五大陸の家」 

アントウェルペンの街歩きはホント楽しくてしょうがない。上ばかり見ていて、しょっちゅう自転車専用道路にはみ出してしまう。東京にはない習慣だからいまだに慣れない。

f:id:cenecio:20151230162946j:plain

さてこの船が飛び出したみたいな建物は、De vijf werelddelen 「五大陸の家」。

建築家Frans Smet-Verhasが1901年に、とある船主の依頼を受けて建てたものである。ガラス窓の枠の上に大陸名が刻まれている。

建物はとても有名なのだが、場所がちょっとわかりにくい。Plaatsnijderstraat とSchilderstraatの角にある。王立美術館の近くではあるが、いまは閉館中(2018年まで)。それなのにこの写真を撮るためだけに次々と人が現れる。

 

f:id:cenecio:20151230162734j:plain

旗が立っているのは、一階にチリの領事部が入っているためである。

f:id:cenecio:20151230162813j:plain

 

f:id:cenecio:20151230163117j:plain

 

アントウェルペン文化施設ギャラリー ブラックパンサー

Kunstgalerij De Zwarte Panter

Hoogstraat 70-72-74, 2000 Antwerpen

つまりクロヒョウ。なんと1303年にさかのぼる建物である。1505年改築の際チャペルを加えた。1970年以降、展覧会のほかコンサート、ブックフェア、映写会など多彩な催しで市民に親しまれている。

f:id:cenecio:20160121085052j:plain

入り口脇の井戸。

f:id:cenecio:20160121084458j:plain

 

彫刻家や音楽家、詩人や作家たちのたまり場なので、誰かしら有名人に会えるらしい。