KIRA(キラ)がブリュッセルに現れた日 デスノート・ NARUTO 

デスノート」の新作、今年の秋らしいですね。ノートが6冊ですって?わお~

f:id:cenecio:20160216170105p:plain

 

わたし わ きら です

今日は、キラがブリュッセルに現れたという話をしたい。『DEATH NOTE』(デスノート)は、ご存じないかたのために簡単に述べておくが、週刊少年ジャンプ』の人気漫画。原作 :大場つぐみ、作画 :小畑健の名コンビで、2003年~2006年まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。

夜神月(やがみらいと)が偶然入手した死神のノート「デスノート」。ここに名前を書き入れると、その当人を殺すことができる。夜神月はこのノートを使って犯罪者を、のちには自分の行く手を阻む者を抹殺し、自分の思い描く理想の世界を作り上げようとする。そこに名探偵のL(エル)やその仲間が挑み、頭脳戦を繰り広げる。その後、TVドラマ化、映画化し、いずれも大ヒットした。

前にも話したように、私は2007年から2008年、ブリュッセルに住んでオランダ語を習っていたのだが、授業は午前だけで昼には家に戻っていた。9月のある日、昼食の準備をしながらラジオを聞いていた。するといきなり

「わたし わ きら です」

という日本語が聞こえたのである。オランダ語の放送局で、いつもは歌や旬の話題満載の楽しい番組の中でのことだ。いったい何が起こったんだろう、突然「デスノート」の話だなんておかしい…。

 

 殺人事件

ブリュッセルのフォレスト公園で、成人男性の遺体の一部が見つかったという。下半身だけ。そばにメモ書きがあり、

”WATASHI WA KIRA DESS”

と書かれていた。発見者はその場所を朝の散歩コースにしている老人で、すぐさま通報した。駆けつけた警察官は、メモの意味がわからず、首をひねるばかり。

 記事の右側がそのメモ書きである。

f:id:cenecio:20160216170122p:plain

 

調べを進めていくうち、あの謎の文言は日本の漫画「デスノート」と関係があるとわかった。殺人事件として捜査している途中だという。さきの放送は、日本のサブカルチャーにくわしい専門家(ベルギー人男性)が招かれ、「デスノート」について説明しているところだったのである。

女性アナウンサーの顔は見えないわけだが、きっと口をあんぐり、目をパチクリさせて聞いていたことだろう。

 

f:id:cenecio:20160519133705p:plain

 

サイコパスのしわざか、連続殺人事件なのか、と世間を騒がせ、怯えさせたが、結局仲間だった男が4人つかまり、うち3人が有罪となった。全員が20代前半。主犯の男が23年の刑、あとの二人が20年だった。彼らはデスノートのファンだったという。

 

 デスノート人気

 「デスノート」はヨーロッパでも大人気で各国版がある。オランダ語版も。もちろん最初に翻訳出版したのはフランス語で、ダルゴー・グループ傘下にあるKANA出版社だ。2016年現在、下のような漫画を出版している。(ほんの一例です)

 

f:id:cenecio:20161001091411p:plain

f:id:cenecio:20160927153118p:plain

f:id:cenecio:20160927153158p:plain

f:id:cenecio:20160927153228p:plain

 

デスノート」は2007年からフランス語に翻訳され、TVアニメも放送された。この事件のあと、たまたまパリへ行くことがあったのだが、大型書店FNACでは多くの若者が漫画の立ち読み(実際は多くが床に体操座り)、そばにはデスノート」が積み上げられていた。

またデスノート関連グッズも多くて驚いた。とあるウィンドーに飾られたリューク像の大きさにびっくりし、すぐ写メに撮って家族に送ったりしたものだ。

 

コスプレをする人も多い。(左の写真はふつうにウィキペディアに載っていた)

f:id:cenecio:20161001093813p:plain f:id:cenecio:20161002075423p:plain

f:id:cenecio:20161001095937p:plain

Amane Misa - Death Note by FrancescaMisa on DeviantArt

 

 

恐るべし!スペイン語ウィキペディア

Death Noteスペイン語版が熱すぎる。

『絵本百物語』1841年(天保12年)に登場する死神にまで言及している。(いやはや勉強になりますね)

f:id:cenecio:20161001094118p:plain

Death Note - Wikipedia, la enciclopedia libre

 

イタリアで出版された解説本。

f:id:cenecio:20161001093903p:plain

 

 米国版映画「デスノート」撮影が始まっている。

f:id:cenecio:20160927154340p:plain

Death Note le film Netflix : les premières images ! | Kana

 

f:id:cenecio:20160927154607p:plain

Les acteurs de la série Netflix de Death note dévoilés ! | Kana

f:id:cenecio:20161001135248p:plain

https://oriver.style/cinema/willem-dafoe-as-luke/

 

 追記:NARUTOについて書くなら章を改めるべきだが、ちょっとだけ触れておく。

ブリュッセルに滞在した2007~08年は、なんといっても一番人気は、社会現象と言われたNARUTO

あのNARUTOで忍者熱に冒され、日本へやってくる青年が激増したのである。もう誰にも止められない。若者たちの頭の中にある、そこにしか存在しない忍者の里、理想郷、憧れのニッポン。みなさん、各地の忍者村や道場などへ修行に散らばっていった。

NARUTO人気にあやかろうと、ヨーロッパの食品会社は、子供向けの飲料(ヨーグルトだったかも)におまけのキャラクターシールをつけるなどしたが、大型スーパーでは、みごとにおまけだけが盗まれていたものだ。

 

f:id:cenecio:20160519133331p:plainf:id:cenecio:20161001100840p:plain

Door Painting Collection Figure Naruto PVC Figure - Uzumaki Naruto -Yomigaeru Sharingan Ver.

 

表紙にあるように、NARUTOもKANA。この出版社はNARUTOデスノートだけでしばらくは安泰と思われる。NARUTOは少年漫画の王道で、2016年の現在もかつて(2007~09年)ほどではないにしろ、売れ続けているからだ。

しかし今後、NARUTOに匹敵するような傑作マンガははたして現れるのだろうか。

 

  追記:ブリュッセルにあるKANA出版の仕事場拝見!

f:id:cenecio:20161019150103j:plain

Les locaux Kana à Bruxelles | Kana

 出版社の編集者さんが書いているブログですが、社内の写真がたくさん

あります。

 

追記2:KANA出版部の人が来日

cenecio.hatenablog.com