読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏のような日 昭和を捜して・ノボロギクに2回出会う

*別ブログの日記を保存しています。

咲き誇る

f:id:cenecio:20160426122427j:plain 

みなさんもモッコウバラについて書いていらっしゃったが、本当に今花盛り!

多くのお宅で白や黄色の花が風に揺れている。近所のお宅のを撮らせてもらった。

 

ブリュッセルの地下鉄 マールベーク駅

f:id:cenecio:20160426123114p:plain

http://deredactie.be/cm/vrtnieuws/regio/brussel/1.2639088 写真BELGA

f:id:cenecio:20160426123233p:plain

ブリュッセル同時多発テロで、爆発事件のあったマールベーク駅が今日から使えるという記事を読んだ。あれから一か月。だれがあの車両に乗っていてもよかったのだ。私だってよく利用していた。しかも恐ろしいことに、あの辺はEU本部や関連の重要な機関、ベルギー政府のオフィスが集中している。

残念ながらテロはなくならない。今回は自分が運よく巻き込まれなかっただけだと思っている。

 

 お土産のビール

https://www.bierpiraat.nl/media/catalog/product/cache/1/image/650x/040ec09b1e35df139433887a97daa66f/m/a/maredsous-tripel-75cl-bierfles.jpg

 

Maredsousビール 

読みはマレツかマレツーか、実はよく知らない。このビールを作っているデュベル・モールトガット醸造所(Duvel Moortgat)は、ベルギーの中でも指折りの優等生企業である。

あるとき、国を離れているベルギー人男性に「ベルギーのもので恋しく思うものは何?」と聞くと、「デュベルだよ」と答えたと、人づてに聞いた。

f:id:cenecio:20160210150843j:plain

Duvel (デュベルは悪魔という意味)は看板商品で、アルコール度数は高めだが、爽やかで香り高く、二杯目もまた違った印象を残すビールだ。

そしてグラスにも秘密がある。ベルギーのビールはそれぞれに専用のグラスがあるのだが、デュベルのは内側の底に、イニシャルDの文字が刻まれており、注いだあともそこからずっと小さな泡が立ちのぼるしかけになっている。

さきの男性が言いたかったのはこのことだろう。専用グラスがなくてはおいしくないのだ。

f:id:cenecio:20160210150925j:plain

工場の倉庫の壁に書かれた有名な文句。「シーーッ、ここでDuvelが熟成しているからね」

またここは1999年に、ベルギーの醸造所として初めて、ブリュッセル証券取引所に株式上場した優良企業である。

 

種を蒔く日々

f:id:cenecio:20160426123912j:plain

人の運命ってわからないものだ。今月99歳で亡くなられた秋山ちえ子さんの本を読んでいる。

戦時中、中国の広東にいた。私はある日、上海に行く予定で空港に行き、機内に案内された。ところが急に軍人が乗ることになり、航空会社社員の妻で、優待券で乗っている私は降ろされた。…(略)…ところが私が家に着く前に、私が乗っているはずの飛行機が香港に近いバイヤ湾で墜落して全員亡くなったのであった。…人間には計り知れぬ運命というものがあることを思わずにはいられないのである。

「みょうがの花束」もおもしろかったし、根津神社の「ツツジのお花見」なんか最高に羨ましい話だ。根津神社は我が家に近く、われわれはツツジを「普通に」見にいく。

しかし秋山さんは小高い丘のうえに建つ高野悦子さんのお宅から、ツツジ全容を見渡すのだという。2000坪のツツジ苑は、50種、3000株の色とりどりの花が順次開花していくのだ。

(高野さんは映画運動家、岩波ホール総支配人だったが、2013年に亡くなった。)

池波正太郎さんの猫の話には腰をぬかした。

池波さん:「私には猫がいます。書斎で原稿を書いていて、夜遅くちょっとひと休みのとき、ウィスキーを一口。それを猫にも習慣づけましてね。はじめは逃げていたのに、この頃は原稿を書く手を休めるとそばに来て”ニャオー、忘れないでね”というように顔を見るんですよ」

池波正太郎さんは1990年に急性白血病により、67歳で亡くなった)

 読書の日々はなんと贅沢なのだろう。九州のみなさんの困苦をしのびながら。

 

まあ、こんなところでお会いするとは!

ノボロギクさん、うちのは冬の間に枯れてしまい、綿毛はどこかに飛んで行ってしまいました。アスファルトから生えて、たくましく伸びていますね。

 

f:id:cenecio:20160421084101j:plain

『フランドルの四季暦』マリ・ゲヴェルス著
「1月と氷」 12ページから抜き書き


頑として妥協せず、みずみずしい緑を保つ野草もありました。ノボロギクです。灰色の種がついた房飾りのような冠毛、可憐な黄色の花、皺がより、どことなく反抗的な感じがする葉の集まり。得意満面のノボロギクは、その夜になるまで、ずっと冬の受け入れを拒んできたのでした。ノボロギクを屈服させられるものは、氷と雪の他にありません。
 今日という日を境に、氷の匠(たくみ)が命令を下して、地上のすべては冬の支配下に入ります。

 

昭和の名残りを求めて、今日も気ままに散歩。

f:id:cenecio:20160421083848j:plain

f:id:cenecio:20160421083855j:plain

f:id:cenecio:20160421083914j:plain

f:id:cenecio:20160421083928j:plain

路地が大変に多い地域。そしていつまでもそうあってほしい。

というのもちょっと留守をしている間に、古い民家が壊されているのを見るので。

f:id:cenecio:20160421101735j:plain

 

f:id:cenecio:20160421084339j:plain

いせ辰

元治元年(1864)創業、江戸千代紙、おもちゃ絵の老舗・版元

東京都台東区谷中2-18-9

f:id:cenecio:20160421084351j:plain

 

f:id:cenecio:20160421084453j:plain

このポンプが置いてあるのはこちら

f:id:cenecio:20160421084529j:plain

初めて来た人はみなびっくりする台東区谷中小学校

谷中という地域は、寺が多く江戸情緒を色濃く残している。そんな町並みに合わせて、白壁と瓦屋根の城のような建物に改築された。

小さくて見えづらいが、ポンプは写真中央、学校前公園(ポケットパーク)にある。大名時計もあって、ちょっとした観光スポットになっている。

f:id:cenecio:20160422154934j:plain

f:id:cenecio:20160421084641j:plain

f:id:cenecio:20160421085037j:plain

上2枚 外国人観光客に大人気の商店街。

 

最後はうちの近所のアパート、お年寄りがひっそりと住んでいる。老朽化がちょっと心配だ。

f:id:cenecio:20160421102018j:plain

f:id:cenecio:20160421102057j:plain

いい 風情だ~。昔はハイカラなアパートだったろうと思う。

 

たくましいノボロギク

f:id:cenecio:20160426131741j:plain