藝祭(続き) 今年も「指を売る店」で指を買いました。

前の記事(8日)の続きです。

お神輿はみなさん予想が当たったようで、ビーナスが大賞をもらいました。

現在は学内に飾られており、多くの人が記念写真を撮っていました。

f:id:cenecio:20170910164803j:plain

 

楽しみはお気に入りの学生アーティストをみつけること

美術学部の展示はきっちり見ます。すごく気にいったものがあったら、最終日に譲ってもらえるよう交渉したこともあります。たいていOKで、納得のいく金額を提示してくれました。

また展覧会をやるときには連絡してくれたり、個展に出かけていって作品を買ったこともあります。お付き合いはしばらく続きます。

 

ブログに学生さんたちの作品の写真を載せられないのが残念です。仕方がないのでお名前だけ…。

日本画の冨永さん、工芸の江原悠さん、油絵の五十嵐さん、とってもよかったです。

内田早紀さん、あちらこちらにユーモラスな「ブリューゲル」を見つけ、とても楽しめました。

みなさん、また来年お会いしましょう。

 

藝祭点描

アートマーケットが愉快です。セッコーメンというのを売っています。

ガッタメ・ジョルジョ・ヴィーナス・マルスの4種類だそうです。

f:id:cenecio:20170910172709j:plain

「ひどい似顔絵」を500円で描く学生さん。下は朝の早い時間に撮影させてもらいました。

f:id:cenecio:20170910172829j:plain

 

f:id:cenecio:20170910172932j:plain

 

校内スナップです。

f:id:cenecio:20170910174015j:plain

教室の窓からの借景が美しい。

f:id:cenecio:20170910174058j:plain

f:id:cenecio:20170911065104j:plain

f:id:cenecio:20170910174307j:plain

f:id:cenecio:20170911065134j:plain

f:id:cenecio:20170911065218j:plain

f:id:cenecio:20170911065242j:plain

f:id:cenecio:20170910174327j:plain

実は作品です。無言で動く学生二人。

ストーリーがあります。

f:id:cenecio:20170910174336j:plain

 

f:id:cenecio:20170910174357j:plain

遊び心。

f:id:cenecio:20170910174415j:plain

f:id:cenecio:20170911065147j:plain

 

 

指を売る店 今年の指 二点。

f:id:cenecio:20170910175220j:plain

 

「指を売る店」は去年発見した、大きな収穫です。

cenecio.hatenablog.com

アーティストは油絵4年の高橋さん。

ジョニーと呼んでほしいそう。

朝の早い時間、「あ、あの棚は間違いなくジョニーさんだ!」

 

f:id:cenecio:20170910175749j:plain

f:id:cenecio:20170910175820j:plain

しばらくするとやってきました。ちっともお変わりないジョニーさん。

親指、小指などが増えていました。

今年の作品は「後ろがお尻」という傑作です(笑)。

ご婦人方、ごめんあそばせ。

f:id:cenecio:20170910182706j:plain f:id:cenecio:20170910182715j:plain

 

 

f:id:cenecio:20170910180640j:plain

右は彫刻の学生さんの作品です。見るたびに顔が違って見えます。

これはマーケットが始まる前、並べているときに予約したのです。でないとあっという間に売れてしまうので。

一体ずつ手で彫るわけですからTシャツなどと違って大変時間がかかるでしょう。たくさんは作れません。

あとで予約したものを取りにいったら、一人の客がほぼ全部買い占めたようですよ、と売り子さんが教えてくれました。

マーケットでの買い物はコツがいりますね。

今年も存分に楽しんだ藝祭でした。

藝祭 終わります)