読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観光案内所・ WIFIを求めて・ 書店ほか

アントウェルペン 書店・図書館 ベルギー

インフォメーション

これまで、受付や案内所に勤務している人たちについて、深く考えたことは一度もなかった。まあ私だったら割り切って、相手の質問に簡潔に答えるだけだろう。次の人も待っていることだし、さっさと進めなくちゃと思い、効率を気にするだろうな。

ところがそうでないケースに遭遇すると、なんとも新鮮で、驚きもし、感動さえしてしまうのだ。

アントウェルペン中央駅、あの豪華な駅の、豪華な階段を降りるとすぐ左にあるインフォメーション。

 

f:id:cenecio:20151224161452j:plain

写真:アントウェルペン中央駅

 

旅行者が最初に出会う観光案内所だ。

窓口には笑顔の中年男性。普通なら町の地図をくれ、質問に答えてくれるだけである。ところがこの人は相手を自分の客として迎え、相手の趣向をくみ取り、温かく細やかな態度で接する。対話が進むにつれ、手が後ろの棚のあちこちに伸び、適切なガイド冊子を取り出しては解説をつける。

その例をひとつ。無料Wifiで困っているというと、うなづいて「そうですよね。無料のは接続が不安定だったり、警告が来たりします。アントウェルペンの町なかにある、安心して、しかもくつろげる店を教えてあげましょう」。

言うやいなや、This is Antwerpという冊子を取り出し、Free Wifiが使える店のリストを示した。全部で28か所もある。ほとんどがカフェやレストランやバーなどだが、普通これをもらってもどこへ行ったらいいか見当もつかないだろう。

「私の一押しがこちら。ぜひ行ってごらんなさい」行き方を説明してくれ、腕時計を見て、「今から歩いていくとちょうど開く時間です」

 

Coffeelabs

その熱く推奨される店に行ってみた。coffeelabsという、とっても広くておしゃれなカフェだった。冬なので庭には出られないが、次回は夏にきて外でランチしたいなと思った。店内はテーブル席があちこちに散らばり、ソファーもいろんな形状のものがおいてある。飲み物ひとつで8時間いてもいいんだって!

エスプレッソがすごくおいしい。そして働いている若者がまたいい雰囲気なんだな。とても礼儀正しくシャキッとしていて、私の愚かな質問にも笑顔で、何回でも答えてくれた。(私は小さい字が読めないのだ)

www.coffeelabs.be

ブリュッセルホテルでは全然繋がらなかったから、ほっとして家族にメールを打った。

 

 

f:id:cenecio:20160807092556p:plain

な、いい感じでしょ。

http://doemijmaarantwerpen.com/n-tas-koffie/page/2

 

 

書店

Demian

Hendrik Conscienceplein 16/18, 2000 Antwerpen

f:id:cenecio:20151223140420j:plain

びっくりなのが、指のさし示す先の本、なんと三島由紀夫全集(クリーム色の4冊)と清少納言の枕草子(紫色)の翻訳本である。

f:id:cenecio:20151225140349j:plain

 

f:id:cenecio:20151223140820j:plain

この店で買ったガイドブック。ベルエポックの建造物案内ガイドブックである。1988年とちょっと古いので10ユーロだった。写真がいっぱいで解説も詳しい。予習してから回りたいけど、読むのに一日では無理だなあ。

f:id:cenecio:20151225141143j:plain