読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビアカフェ 今日も名店のオンパレード

南の方に繰り出した。

De Merode

Grote Steenweg 29-31 2600 Berchem

f:id:cenecio:20160110015112j:plain

冬のおすすめビールだというので、Kapittel Watouをいただいた。Watouというのはフランス国境に近い村で、Van Eecke 醸造所とSint-Bernardus.醸造所がある。

f:id:cenecio:20160110015740j:plain

お店には地元のお年寄りが集っていて、みんな知り合いでみんな上品で、こちらにもにこにこと笑いかけてくる。家庭的な雰囲気で、まるで日本にいるような錯覚を起こさせた。写真からもわかるように、居間で寛いでいるような感じ。

 

2回目 Bier Central

f:id:cenecio:20160110020645j:plain

Timmermansの梨味を飲んだ。

 

Cafe Den Bengel

Grote Markt 5  2000 Antwerpen

 いつも混んでいるエンゲルさんのお隣、Den Bengel(腕白小僧)に入ってみた。

f:id:cenecio:20160111151143g:plainこちらがお店のマーク。すっごくカワ(・∀・)イイ!!。

f:id:cenecio:20160111134702j:plainコースターがワイルドジョー

f:id:cenecio:20160111134837j:plain

店内はなかなか賑やか。赤いリボンから下は実は鏡で、向かいの壁の絵と写真(自転車乗りたち)が写っているのだが、その絵がこちら。

f:id:cenecio:20160111135117j:plain

ちょっと怖いかな。絵はもっとずっと大きい。

客は二人だけだった。クリスマスや年末は大変賑わっていたのだが。店内は写真がたくさん飾られている。ディスコパーティーなど催しも多いようだ。

 

下はお店のHPから。11日は「失われた月曜日」だから、アントウェルペン伝統のソーセージパンとアップルパンをうちの店で食べようぜと言っている。

f:id:cenecio:20160111140305g:plainうーん、おいしそう!

 

De Kleine Post  Groenplaats 26

f:id:cenecio:20160102014839j:plainf:id:cenecio:20160102015103j:plain

二回目の Den Engel

またFonskeの隣に座った。今日のビールは、きのうおそわったWild Joだ。

グラスに鳩の絵が見えるかな?ちょっと無理かな

f:id:cenecio:20160105031904j:plain

広場の飾りが撤去され、建物(ギルドハウス)の全体像がよく見える。左の白いテントがDen Engel

f:id:cenecio:20160105032227j:plainf:id:cenecio:20160105032504j:plainさらに引いてみた。こちら側のギルドハウス群は華やかだ。

 

3回目の Bier Central

 de Keyserlei 25 - 2018

中央駅出たら右側。入り口はどうということはないが、中はかなりコアな世界。まずビールの種類が多い。客層も若者を中心にファミリー、老夫婦といろいろである。若者向けの音楽がガンガンかかっていた。

飲んだことのないRamee Blondeを生で。ブリュノー醸造所のアベイビールで、すっきりした飲み口である。

f:id:cenecio:20160106011200j:plainf:id:cenecio:20160106012232j:plain

 

ULTIMATUM Grote Markt 8, 2000 Antwerpen

f:id:cenecio:20160109015721j:plainf:id:cenecio:20160109015817j:plain

De Reus

Grote Markt 22, 2000 Antwerpen

f:id:cenecio:20151225230641j:plain

外の風景f:id:cenecio:20151225230836j:plain

 

 Hulstkamp (Bier Centralとなり)

De Keyserlei 23, 2018 Antwerpen

中央駅を出て左側にある。着飾ったご婦人方や地元の家族連れが席を占める。観光客やおのぼりさんが見当たらないのが不思議だ。由緒あるカフェで、地元民の憩いの場である。今日は日曜、冬なのに暖かい昼下がり。一人でやってくるおばあちゃまも着飾って、ワイングラスを静かに傾けている。

f:id:cenecio:20151228005525j:plain

f:id:cenecio:20151228005616j:plain

カウンターになんと招き猫が!

f:id:cenecio:20151228005812j:plain

文字が素敵。

f:id:cenecio:20160410160632j:plain

別の日に撮ったHULSTKAMP と Bier Central

 

Het Elfde Gebod

Torfbrug 10, 2000 Antwerpen

ものすごい観光客でごったがえしていた。日本人もいたし、団体客もいた。次は人の少ないときに静かに座っていたい。

f:id:cenecio:20151229010215j:plainf:id:cenecio:20151229011301j:plainf:id:cenecio:20151229010336j:plain

やっと人がひいてきた。マイケル・J・フォックスに似たお兄さんが給仕をしている。

 

人形が所狭しと飾られている。さすがキリスト教文化圏に生まれ育ったこどもたちは、目ざとくご贔屓の聖人を見つけては「ママ、見て」と指をさし、家族で話をしていたのが印象深い。