Reddevils赤い悪魔のおでまし! EURO2016

EURO2016フランス大会開幕

EURO2016 というのは、サッカーのUEFA欧州選手権のこと。ヨーロッパ24か国の代表チームによって争われる。

 

赤い悪魔

ベルギー代表のニックネームは「赤い悪魔」(Reddevils英語、Rode Duivelsオランダ語、Diables Rougesフランス語)という。

監督は この人。

f:id:cenecio:20160609132653p:plainマルク・ヴィルモッツ氏。

ベルギーは、前回のワールドカップでは8位だった。


f:id:cenecio:20160226070837p:plain
サポーターのみなさん。オランダ語、フランス語、英語で「ベルギー」。

世界ランキング2位

現在、FIFA世界ランキング1位はアルゼンチン。ベルギーは2位で、3位コロンビア、4位ドイツと続く。

その昔、ワールドカップでは、1986年メキシコ大会でベスト4というすばらしい成績を残した。下の写真は選手たちを称えようと、ブリュッセルのグランプラスに集まった市民を、市庁舎のバルコニーから撮影したものである。

f:id:cenecio:20160219125726p:plain

その後はベスト16が続いたが、2006年、2010年は大会にも出られなかった。

いったいどうやってここまで強くなったのか。だいたい北半分はオランダ語、南半分はフランス語だから、選手同士、意思疎通を図るのも簡単じゃないだろうに。

実はそこを逆手にとり、北のフランダース地方の若い選手は隣のオランダで、南のワロン地方の選手はフランスで育成させたのだ。たとえばチェルシーエデン・アザールは、フランスのリールでずっとプレイしていた。地図を見れは、ワロン地方とフランスはすごく近いことがわかる。

 

そしてこの方法が功を奏して、つぎつぎと目も眩むような才能が現れたのである。29歳のコンパニは頼れるカリスマリーダーで、若い選手たちをうまくまとめている。今回は残念ながらケガで出場しないのだが。

聞くところによると、10代の選手にもタレントが大勢いて、厚い層をなしており、将来に不安はないそうだ。

 

赤い悪魔が飛ぶ

専用機でフランスへ。

朝、新聞を見たら大騒ぎだった。小さい国だからね。もうだいぶ前からお祭り騒ぎだったけど。

f:id:cenecio:20160609123954p:plain

f:id:cenecio:20160609123701p:plain

f:id:cenecio:20160609123811p:plain

www.demorgen.be

 

メンバーはこちら。↓

Red Devils Team Selection | Royal Belgian Football Association

まあ、みなさん、興味がないでしょうから飛ばしてください。

ちなみに私のお気に入りは

f:id:cenecio:20160609130535p:plain

出典:http://www.knack.be/nieuws/belgie/recensie-de-duivels-zuivere-fotografie-van-een-meester/article-opinion-147917.htmlオランダ語

これはVanfleterenという写真家の作品で、ベルギー代表メンバーを撮ったシリーズの一枚である。選手の名前はアクセル(1989年生まれ)。本名を全部書くと 

Axel Laurent Angel Lambert Witselという。おもしろいでしょ。「赤い悪魔」のなかに天使が入っているなんてね。ここには写っていないけれど、胸にも美しい天使の羽根の入れ墨がある。

 

地上波独占放送といいながら

f:id:cenecio:20160609131530p:plain

まったく腹のたつことに36試合中、6試合しか放映しないんだよ!

しかもベルギー×イタリアなんて超おもしろそうな組み合わせを見せないのだ。テレビ朝日の「グッド!モーニング」はいつも見てあげてるのに。

かといってWOWOWに加入する気はないし。何か考えよう。

 

グループ分け

f:id:cenecio:20160609133250p:plain  f:id:cenecio:20160609133327p:plain

 ベルギーはグループEで、死の組といってよさそうだけど、でも悪いけど、一位通過させてもらいますね。

f:id:cenecio:20160613065821p:plain

しんさん、どう思います?