読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70もある世界の壁・仏大統領選・ロシアの真実その4 news-2-

朝起きると何かしら恐ろしいことが起こっている、というのがここ数年の印象。

特に今年に入ってからは不安が倍増している。

ミサイル撃ちまくる独裁国家や、化学兵器使用をめぐるシリアへの制裁に非協力的な中国・ロシア。

北朝鮮が弾道ミサイル4発発射 首相「新たな脅威」 :日本経済新聞

ロシアと中国、化学兵器使用めぐるシリア制裁に拒否権行使 WEDGE Infinity(ウェッジ)

 来年1月から、スウェーデンが徴兵制を復活させ、4千人を徴集するとか。

スウェーデン徴兵制復活へ、ロシア脅威で7年ぶり - 産経ニュース

  

フランス選挙戦

目が離せないのはフランス選挙である。フランスには長く住んだし、パリで出産もしたし、節目節目(ミッテランシラクの大統領選など)にはたまたま向こうにいたので、今回も大関心事なのだ。

共和党フィヨン氏は、選挙戦から引くのか引かないのか、その後どうなるのか。

仏大統領選、フィヨン氏に撤退圧力 家族への不正給与疑惑で :日本経済新聞

http://referentiel.nouvelobs.com/file/15938098-discours-de-francois-fillon-combien-de-fideles-au-trocadero.jpg

Discours de François Fillon : combien de fidèles au Trocadéro ? - L'Obs

昨日(5日)トロカデロ広場にフィヨン氏支持者が20万人集結した、と共和党は発表したが、そんなにいるようには見えないけど。せいぜい数万人でしょう。

私は1月に「たぶん大統領はジュペ氏」なんて書いてしまい、その後党内の候補者選びであっさりジュペ氏は落ちた。ジュペ氏(Alain Marie Juppé)は1945年生まれ。ジャック・シラクの懐刀といわれ、1995年から1997年にかけて首相を務めた。シラク氏は自分の後継者にと考えていたが、その後スキャンダルや不運が相次いだジュペ氏。

そうそう、アパート問題というのもあった。パリ中心部は東京と同じくらい住宅費がかかるが、高級住宅街のアパートを格安で借りていた件。リフォーム代を公費から落とした件など。

フィヨン氏が引くとジュペ氏が出る可能性は高い。しかしフィヨン氏は、同じ党内でも右派なのに対し、ジュペ氏は中道寄りということで、マクロン氏(オランド大統領の側近だった人で、経済・産業・デジタル大臣をやっていたが、辞めて立候補。 Emmanuel Macron, 1977年生まれ)と支持層がかぶってしまう。

今日明日で動きがあるだろう。

http://i-cms.journaldesfemmes.com/image_cms/original/10101567-emmanuel-macron-nous-presente-sa-femme.jpgbrigitte trogneux macron mariage

マクロンさんといえば、24歳年上の Brigitte Trogneuxさんと結婚したのが話題になった。結婚は10年前で、マクロン氏29歳の時。奥さんは高校時代のフランス語教師であり、演劇クラブを主催していた。熱愛ですね。

 

壁は増える一方 世界の壁事情

壁と言えば最近は「メキシコ」だが、昔は「ベルリンの壁」が分断の象徴だった。

ベルリンに行ったのは1983年で、陸の孤島である西ベルリンに入るには、一国のなかの「東西」の国境線を越えていく。陸路を列車で入る場合の話。そのたびにパスポートチェックがある。

ベルリンの壁」で隔てられた東ベルリンにも行った。365 mのテレビ塔にのぼり、最上階の展望台&回転レストランから壁や西側を眺めたりした。

(写真は下のサイトから)

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/22/9e/67/229e67968e6704be926e959c4b0b1b51.jpg

http://inapcache.boston.com/universal/site_graphics/blogs/bigpicture/berlinwall/bp13.jpg

 写真:1961年、壁の建設中。笑顔も見える。

Remembering the Berlin Wall - Photos - The Big Picture - Boston.com

 

今朝の記事によると、

トランプ大統領は、壁の設計案を募集ということだ。

 

www.cnn.co.jp


記事によれば、壁建設事業に関心がある企業は約300社という。そうか、これも雇用の一形態なのだなと思った。

壁と言っても現代の壁は、ベルリンのような煉瓦と有刺鉄線ではないのだ。

ハンガリーは移民を入れないために、セルビアクロアチア国境に、4メートルのフェンスを築いている。しかも電気を通す柵である。

写真:ハンガリーのフェンス。

f:id:cenecio:20170424090211p:plain

Hungary builds new high-tech border fence - with few migrants in sight | Reuters

電気柵といえば、ふつう動物用だろう。ナチス強制収容所の敷地ではないのだから。

去年静岡県でおきた事故は痛ましかった。川遊びに来ていた家族ら7人の、悲しい感電事故。たしか死亡者も出た。

 

ベルリンの壁が崩壊した1989年には10数個しかなかった壁が、現在では70以上あるという。ケベック大学のElisabeth Vallet 氏の報告による。

https://pbs.twimg.com/media/C5xRDVXWAAAQWuZ.jpg:large

 

アメリカ・メキシコ

すでに三分の一はフェンスで仕切られているが、残りの部分に5メートル以上の障壁を作り、監視カメラをつける。

 

さきほどのハンガリーほか、スロヴェニアオーストリアマケドニアギリシャ

ブルガリア、スペインとモロッコ間(セウタ: Ceuta)

イスラエルパレスティナサウジアラビアイラク、インドとパキスタン

朝鮮半島、等々…

f:id:cenecio:20170306154220p:plain

f:id:cenecio:20170306154248p:plain

f:id:cenecio:20170306154313p:plain

興味のある方はこちら。

https://pbs.twimg.com/media/C6AshWvWYAAdQrZ.jpg

 

フランスとイギリスも

イギリスは、英仏海峡を渡ってフランス側(カレー)から押し寄せる難民対策に頭を痛め、壁の構築に踏み切った。

こうした貴重な写真のおかげで様子がよくわかる。

https://pbs.twimg.com/media/C6AshWvWYAAdQrZ.jpg

 

 

https://pbs.twimg.com/media/C6AsibqWAAEXTXz.jpg

f:id:cenecio:20170306155013p:plain

 

壁は高さ4m、長さ約1kmで、カレーのフェリー船の港に通じる道路上の両側に作られた。

 

以前は、というと
このようにイギリスに渡りたい難民が溢れ、劣悪な環境でテントを張り、深刻な問題になっていた。おもしろいことに皆イギリスに渡ることを希望した。フランスで難民申請したい者はいなかったというから不思議だ。

http://www.cnn.co.jp/world/35088786.html

https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2016/08/nintchdbpict0002598317683.jpg?w=960&strip=all

https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2016/08/nintchdbpict0002598317683.jpg?w=960&strip=all

https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2016/10/composite-calais-map.jpg?w=750&strip=all

 

 

 

最後はおまけ。

「ロシアでしか起こらないこと」を集めたツイッターです。

Only In Russia (@CrazyinRussia) | Twitter

 

①おばあちゃんの旅行方法

https://pbs.twimg.com/media/C5JHMdQWcAMeNRY.jpg

https://pbs.twimg.com/media/C5JHMdQWcAMeNRY.jpg

 

②ロシアでおばあちゃんにカメラを向けると

https://pbs.twimg.com/media/C6ASFtwWYAI6mQl.jpg

 

 

③マットレスを敷いているから落ちないんですね。

https://pbs.twimg.com/media/C5ESO9gW8AAGTYE.jpg

 

 

④スノーマンとスノートラック

 

https://pbs.twimg.com/media/C5rGakNXEAEEnsR.jpg

 

 

 

シベリアで熊猟に従事する人の作業着(1800年頃)

 

https://pbs.twimg.com/media/C5wHXC5WcAA-9ac.jpg

 

 

 

”news”記事はしばらく続きますので、コメントなど、どうぞお気遣いなく。

今日もありがとうございました。