編み物男子たち第4弾 パンクな編み師ほか &TVで『カメラを止めるな!』『鋼鉄ジーグ』やるよ。

(おとといに続き、今日も駆け込みで編み物の話題を。冬が終わっちゃった~。急げ急げ!)

羊も飛ぶ三月です。 

編み物男子について書くのはいつもワクワクする。前にもフィンランドスノーボード男子チームの選手らが、オリンピックの氷上で編み物をしていることを紹介した。編み物をすればみんなしあわせに、世界は平和に!(編み物男子②)

11歳のジョナー君が編んだものを売って、自身が出身であるエチオピアの孤児院に寄付する話もした。109歳のおじいちゃんがペンギンのニットを編んでいる話も。これは重油流出で健康被害を被ったペンギンを救うためだったが、手伝いたいと手をあげるボランティアが世界中に増える、というすばらしい効果をもたらした。あのおじいちゃんはどうなさってるだろう。

https://greenz.jp/main/wp-content/uploads/2015/03/pgfoud1.jpg

写真:こちらの記事から借りています→https://greenz.jp/2015/03/19/the_penguin_foundation/

https://images.vdonline.dk/55/2255_606_450_0_0_0_0_2.jpg

Norske strikkeguruer besøger strikke-camp - VD Online - Forside - Korsør

ノルウェーのお二人が毎年企画している、2泊3日の編み物キャンプもいいな。北欧は編み物が伝統的に深く根付いている。

いや日本だって昔、お侍が編み物をしていたと文献にあるらしい。興味のある方はキーワードを入れてググってみてください。

ところで、日本で編み物男子といったらあの人ではないだろうか。あのレジェンド的存在、広瀬光治(1955年‐)さんである。「ニット界の貴公子」と呼ばれ、NHKおしゃれ工房」などで90年代は一世を風靡した。公開講座をやろうものなら各都市の広い会場を毎回、女性でいっぱいにしていたものだ。

しかしこのようなプロの人でなくとも、趣味で楽しんでいる男性は世界中にたくさんいて、現代は自分で発信する時代だから、ネット上で様々な国籍の人たちと知り合えるのが嬉しい。

最近の大発見はこちら、札幌で看護師をしているたかおさんの日傘!(今年1月)

なんとも凄すぎて言葉が出ない。趣味の領域を完全に超えている。なのにご自身はいたって謙虚。

傘にする前はこちら。(去年夏)

 

それから、編み物中のレニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz1964年₋ ミュージシャン)。カッコいいですね。ニット帽や小物を編んでいるらしい。

www.instagram.com

また、こちらのパンクなお兄さんは、激かわなニット作品を作っている。編み物愛好家の間ではかなり有名な人だと思う。

「パンクな編み師」と勝手に命名^^ ヴァンサン(Vincent)の最近のツイートをちょっと載せてみる。 他にも手袋やマフラー(ショール)などたくさんある。

ポケモンや” kawaii ”ものが好きなんだって。「可愛い」は2000年に入ったあたりで国際語。編んだ小さな人形やキャラクターのことを「編みぐるみ」という。わざわざここに書くのは、以前マミーさんのブログにお邪魔したときコメント欄に「編みぐるみということばを始めて知りました」というどなたかのコメントがあったので。

ちなみに外国(英語・独語・仏語…)でもそのまんま” Amigurumi”といい、広く使われている。Amigurumi - Wikipedia

もうひとつ、ついでに、日本の手芸用品は品質が良いので大人気。何も「ニッポンスゴイ!」の片棒を担ぐわけではないが、私はよくお土産にしたし、特に70~80年代は通販などなかったから、向こうから「裁縫セットをお願い」と熱く頼まれたりもした。編み棒やかぎ針のほかに、ハサミや単純な縫い針セル待針なども賞賛と羨望の的だった。セル待針がわからないかたのために画像を貼っておきます。https://www.monotaro.com/p/3041/2235/

https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/full/mono30412235-160829-02.jpg

薄地用や厚地用、耐熱などいろいろある。大変丈夫で長持ちする。

 

毛糸のCM動画「七人の編み物をする男たち」

さて、フィンランドといえばムーミンムーミンといえば間もなくテーマパークがオープンするらしいですね。埼玉県飯能市宮沢湖の湖畔に16日開業とのこと。興味のあるかたはこちらで→ #ムーミンバレーパーク hashtag on Twitter

フィンランドといえば毛糸ならNOVITA、優良な毛糸メーカーで、フィンランドだけでなく北欧諸国どこにでも売っているポピュラーな毛糸である。日本でも買える。

そのメーカーがムーミンとコラボするという。今年の初めに入ってきたニュース。今までやってなかったの?とちょっと驚いた。

さっそくメーカーのサイトに行ってみると、楽し気な感じ。

f:id:cenecio:20190228125212p:plain

https://www.moomin.com/en/blog/first-look-at-the-long-awaited-moomin-themed-yarn-collection-by-novita/

https://d1vxw9s9d8pjrr.cloudfront.net/wp-content/uploads/2019/01/Novita-x-Moomin-socks.jpg

https://d1vxw9s9d8pjrr.cloudfront.net/wp-content/uploads/2019/01/Moomin-x-Novita-Muumitalo-ja-Muumilaakso.jpg

そのNOVITA が「七人の侍」ならぬ「七人の兄弟」というタイトルのコマーシャルを作った。youtubeで見られる。1分未満。

www.youtube.com

f:id:cenecio:20190307134033p:plain

f:id:cenecio:20190307133939p:plain

f:id:cenecio:20190307133723p:plain

着ているニットがどれもいい。もううっとりする。いいCMだ。

七人の男たちは最後は静かな小屋の中で編み物をするのだが、コメント欄を見ると、フィンランド人女性が「ふん、誰も編み物しそうな顔してないわよ。それに私の周りに編み物する男なんか一人もいないからね」と手厳しいことを書いていて笑えた。

見る人の視線をじゅうぶん惹きつけたから成功だね、といったコメントも。

 

まだ書きたいことがあるんですが、編み物男子はここまで。

最後にテレビで見られる映画の宣伝をしておきます。

まず明日、金曜ロードショーカメラを止めるな!

kinro.jointv.jp

とにかくおもしろい。コマーシャルが入るのはしかたないですね。お見逃しなく。

私は劇場で2回見ました。SPYBOYさまのレビューはこちら→

超満員のお話:映画『カメラを止めるな!』 - 特別な1日

 

それとまだ見ていないので楽しみにしてた映画、『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグがシネフィルWOWOWでやります。ラッキー!見られる人はどうぞ。

今日 3月07日(木)17:30〜19:45
それと3月16日(土)5:30〜7:45。

www.cinefilwowow.com

こちらもSPYBOYさまが書いてらっしゃる。

心のドアを開くお話:映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』と『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 - 特別な1日

 そしてご自身の「2017年の映画ベスト10」において第2位にランキングされています。楽しみだな♪

 

ではまた~!

https://pbs.twimg.com/media/Dn9_BgIX0AAKHHB.jpg

https://twitter.com/LionBrandYarn/status/1044693304271622150/photo/1

 お礼

tsutsumi154 さま、ありがとうございます!