読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エケコ人形の来た日(忘備録1) 

忘備録

もそもブログを始めたきっかけは、ブログをつけていれば近親者は私が何をしているかわかるかなと思ったこと。

それに先立ち、カメラの練習も始めた。ここ数年はケータイでしか写真を撮ったことがなかったし、デジタルカメラを持ってもいなかった。ところが2014年の誕生日にデジタルカメラをもらったのである。

 PENTAX Q7 レンズが2本付いている。

ありがとう。これからは写真たくさん撮るね、なんて言ったのに、

それなのに

一年も放置してしまい、激しく反省している。

レンズは今のところ、二本のうちの一本しか使っていないが、とにかくこのカメラ、小さき優れものである。旅行中はポシェットにいれたり、首から下げたり、レインコートの襟の下に隠したり。

ベルギーでは、驚いたことにけっこう人にじろじろと見られる。なにか感想を言い合っている。たぶんおもちゃみたいに見えるのだろう。一度など、若いベルギー人女性が「あたし、あんなのがほしいのよ」

と隣の彼氏に囁いているのを聞いたことがある。(買ってあげてね!いつも日本製品を応援する愛国者です)

 

さて、最初に撮った写真のこともよく覚えている。家の中の身近なものを被写体にして練習した。

動くのが面倒なので、食卓に座ったまま、窓際の招き猫(浅草で買ってきたばかりだった)にズームイン。

f:id:cenecio:20160205143527j:plain

 

ぐるりと後ろを向き、台所の流しのほう。ま、うちは狭いので座っていてもどこでも撮れる。

f:id:cenecio:20160205143632j:plain

 

そしてうちの猫。

窓際のマスコット的存在だ。「あら、今日も猫ちゃんいるわよ~」とファンの声が朝方はとくに聞かれる。

f:id:cenecio:20160205143739j:plain

 

それから玄関へ行って、エケコのおっちゃん人形。

フラッシュをたかず、ケース越しに撮影。ぼけていてもこれはこれでOK。

f:id:cenecio:20160205144444j:plain

Ekeko またはEquecoとは、ボリビアで売っている願掛け人形で、手に入れたいものを持たせて飾るものらしい。うちの人形は、写真に見る通り、紙幣や穀物袋や戸建ての家といったものを持っている。

今から25年くらい前、フランス人がボリビア土産にこれを我が家に持ってきた。普通、みやげというものは、小さくて軽くて壊れにくいものが絶対条件だ。ところが彼は、この素朴な手作り人形を紙にくるみ、小脇に抱えるようにしてやってきた。高さは15センチくらい。その時点で家の模型(写真右下)は人形の体から外れていた。ああ、わがやは戸建て住宅には縁がないのかと思ったものだ。

以来ずっと大事にしている人形である。じっと見ていると、しゃべりだしそうな感じがするのが不思議。するとやっぱりスペイン語だよね。スペイン語、また始めるかな。(一度挫折した情けないセネシオです)