読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街を歩く(本屋など)

1901年以来の記録

12月26日の今日、ベルギーでは1901年以来の記録を打ち立て、気温が13.4度に達したと記事にある。

アントウェルペンでも暖かすぎてクリスマス気分は全くなし。市民や観光客が町中に溢れ、歩こうにもなかなか前に進まない。カフェも人でいっぱい。すいているところをみつけるにも一苦労である。エルニーニョのせいらしく、ニューヨークでも21度だとか。

f:id:cenecio:20151227013153j:plain

f:id:cenecio:20151227014023j:plain

 夏のような冬の写真。Tシャツでサッカーをするこどもたち。

 

 さ、街を歩こう。少しずつ町に慣れる感じ。人間と同じで、親しくなるのに時間がかかるよね。

f:id:cenecio:20151225192918j:plain

これが私の利用している駅 Plantin。印刷の黄金時代を築いた印刷出版業者の名前をとっている。世界遺産プランタン=モレトゥス博物館はここアントウェルペンにある。

f:id:cenecio:20151226020524j:plain

変な漢字や日本語フレーズのTシャツが人気。

お店やウィンドーを見るのが楽しくてしかたがない。いまのところ、何もかも珍しい。

 

f:id:cenecio:20160417162410j:plain

老舗で大人気のパン屋Goossens

 

f:id:cenecio:20160417162717j:plain

エキゾチックな食料店 窓のところにいつも男の人がいるのだが、今日はチャンスだ。

 

f:id:cenecio:20160417162735j:plain

警察署。不思議な建物でしょ。

 

f:id:cenecio:20160417162801j:plain

「学校制服」とある。へ~、制服ってあるんだね

 

 

f:id:cenecio:20160417163334j:plain

銀行の建物の壁。船が飛び出し、上にマーキュリーの杖が。

 

 f:id:cenecio:20151228173416j:plain

中央駅の近くに住んでいるのに、いつも地下鉄でスルーしてしまい、正面から見ることがなかった。初めて写真を撮る。

左にはクリスマス市の小屋が立ち並ぶ。

 

f:id:cenecio:20151228173755j:plain

路上アーティスト。人形も使える一人オーケストラで、しかもうまかった。演奏が終わると拍手喝采だった。

f:id:cenecio:20151228173949j:plain

カテドラルを臨む。観覧車はこのクリスマスシーズンだけ出る。

 

駅の中にあった分別箱。

f:id:cenecio:20151228174815j:plain右から、電池類、タブレットやパソコン周辺機器など、そして電球。

窓辺の猫ちゃんたち。

f:id:cenecio:20151229143916j:plain f:id:cenecio:20151229144048j:plain

f:id:cenecio:20160417162819j:plain

 

そしてこちらは

f:id:cenecio:20151229144255j:plain f:id:cenecio:20151229144459j:plain

 近くの公園Stadsparkに住んでいるウサギたち。和みにここへ来る。

 

書店いろいろ

f:id:cenecio:20151226014325j:plain

Boekenmarkt De Markies

Hoogstraat 62-64

おそるべしマルキースさん、新しい本を廉価で売る。マルキース価格という値札がついている。これはクリスマス25日の写真だが、他店が休みだからか、客が入れ替わり出入りして店主と楽しそうに話していた。(下の写真も同店)

f:id:cenecio:20151226014902j:plain

 

こちら有名な出版社・書店

Standaard

f:id:cenecio:20151226021803j:plain

まん丸おめめのオレンジ色のフクロウ。店舗数が多い。

 

De Groene Waterman cv

Wolstraat 7, 2000 Antwerpen

 読書人のメッカ。催し物が有名。シンポジウムや講演会、市の朗読会など。

De Groene Watermanは、2018年には50歳になるそうだ。

f:id:cenecio:20151231012244j:plain

店内はひとつの小宇宙だ。書店員が、テーマを設けて平積みで見せたり、クリスマス・年末の時期には、贈り物に適した本やカレンダーや手帳などを集めた、楽しいコーナーを作ったり。

自分の欲しい本があるかどうか、ウェブであらかじめ調べていけるし、取り寄せてもくれ、書店員がプロである。先週注文した本が届いたら、メールで知らせてくれる

日本文学の翻訳も書店員がお薦めのものを置いている。夏目漱石吾輩は猫である」と平出隆「猫の客」が並んでいた。平出さんのはこんな表紙。

f:id:cenecio:20160109130635j:plain f:id:cenecio:20160109132122j:plain

「猫の客」

詩情に溢れ、こころ温まる小説で、人生の儚さや小さな幸せをいつくしむことをうたっている

私もぜひ読んでみたい。

・・・で、買ってしまった!猫のカレンダー。(写真右)

 2016年もよい年でありますように。

 

さてまだ本屋の続き。

't Stad Leest
Steenhouwersvest 16, 2000 Antwerpen

f:id:cenecio:20151231012648j:plain

町は本を読む、という意味の店名であるが、アントウェルペン市とは関係なく、二人の若い男女がどこの傘下にも入らず、個人で始めた書店である。歴史ある荘重な建物に一歩入ると、そこはまさにワンダーランドだ。老若男女あらゆる世代の人々に向けて、読書は楽しいよ、と誘い込む。

f:id:cenecio:20151231012743j:plain

広い店内には様々な分野の本があるが、子供向けのコーナーが充実。

楽しい家庭的な雰囲気作りを心がけているようだ。

f:id:cenecio:20151231012833j:plain

ね、趣向をこらした楽しそう本屋な本屋でしょ。

また寄ろうと思っちゃう。