がっかりのMAS博物館&マイヤー・ファン・デン・ベルフ美術館の『悪女フリート』『キリストと姦通の女』など

MAS がっかりの博物館

なぜかとまず理由を述べる。

民俗学博物館2008年閉館。下に詳しい説明があります)の所蔵品がこちらにあるというので、わざわざやってきたのである。ところが浮世絵10数点以外には他の展示はなく、どうやらお蔵入りになっているようだ。宝の持ち腐れってやつ!(←かなり怒っています)

というわけで失望感をいだきつつ、お金も払い、せっかく来たのだから3階から8階までの展示はいちおう見ることに。印象に残ったものを一つだけ紹介する。

メキシコ、マヤ文明の作品。「男の像」とだけある。

f:id:cenecio:20151227141145j:plain

すごくリアルで、まわしをつけたお相撲さんに似ていてびっくりした。ほかにもコレクターが集めた、めくるめく貴重な品々がたくさんあった。

 

ランドマーク

この今やランドマーク的存在のMASは町が一望できる展望台が魅力で、それだけを目当てにひっきりなしに人々がやってくる。(無料なんです!)

f:id:cenecio:20160504072648j:plain

階段状のおもしろいデザイン。

f:id:cenecio:20151227155934j:plain

流線の美しいラインが特徴的。

f:id:cenecio:20160703133511j:plain

f:id:cenecio:20160504073136j:plain

左:カテドラルと聖パウリュス教会(手前)

その奥の白いトゲトゲの建物:裁判所

f:id:cenecio:20160504073438j:plain

先日訪れたシントアナトンネルを抜けていった「川向う」が見える。

cenecio.hatenablog.com

f:id:cenecio:20151227160555j:plain

地平線ほぼ中央、煙をはいているのが原発Doel(ドゥール村)

 

ボートハーバー

f:id:cenecio:20151227160815j:plain

f:id:cenecio:20151227161015j:plain

下に降りるとボートがギッシリ。所有者はどれが自分のかわかるんだよね。日本の国旗をたてているのもあった。

 

フリッツ・マイヤー・ファン・デン・ベルフ氏の邸宅がユニークな美術館に。
 Mayer van den Bergh 美術館

f:id:cenecio:20151226151812j:plain

Fritz Mayer van den Bergh, 1901, Museum Mayer van den Bergh © Musea stad Antwerpen

こちらフリッツ氏は大変な美術品蒐集家だった貴族。彼の邸宅が、個人コレクションを展示する博物館になっており、彼の死後は母親が管理した。母親のコレクションも膨大で、特に中国の陶器などに圧倒されるが、常時、全部を展示してあるわけではない。


様々な蒐集品のなかで14世紀から16世紀にかけてのネーデルランドの絵画が目を引く。あるとき自分の国の芸術の豊かさに目覚めたフリッツ氏は、ヨーロッパ中から絵画や彫像などを買い集めたらしい。他に写本、ステンドグラス、タペストリーなど豪華な品々を収蔵している。

最も有名なのはピーテル・ブリューゲル(父)の『悪女フリート』だろう。他にもクエンティン・マサイス、ヨース・ファン・クレーフェ、コルネリス・ド・フォス、ヤン・ブリューゲル(子)、ヤン・ホッサールト、ピーテル・アールツェンなど大変に豪華。

 

『悪女フリート』Dulle Griet ピーテル・ブリューゲル(1525年 - 1569年)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f6/Mad_meg.jpg/800px-Mad_meg.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f6/Mad_meg.jpg/800px-Mad_meg.jpg

中央に鉄の兜、剣、甲冑の女。手にはどうやら盗んできたばかりの、鍋や家事の道具一切合切を抱え、大股にズンズン、何も怖くないよという風情で進んでいく、最強の女。巨人フリート。フリートはマルグリット、マーガレット、メグ等と同じ。

左にあんぐり口を開けているのは、どうやら地獄ということらしい。ほかにも変な人や生き物がいっぱいで、すべてに意味があるのだろうが、フリートに比べたら怖さは劣る。

 

 追記:2017年 現在修復中。2019年ブリューゲル没後450周年を記念してお目見えするようです

f:id:cenecio:20170608092342p:plain

Dulle Griet vertrokken voor restauratie | Museum Mayer van den Bergh

 

里帰りしたブリューゲル作品『キリストと姦通の女』グリザイユ。

ロンドンの美術館から3年間借りているのが見られる。1565年の作。

f:id:cenecio:20170608093510j:plain

グリザイユのグリ(gris)は灰色という意味、モノクロームで描かれた絵画のこと。

新約聖書ヨハネによる福音書 7章53節?8章11節」の「キリストと姦婦」がモチーフである。

エスを試すために、律法学者たちやファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来た。律法では石打ちの死刑に値する。イエスは「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」と言った。これを聞いて誰も女に石を投げることができず、引き下がった。また、イエスも女の罪を許した。(ウィキペディア

ブリューゲルの絵では、キリストが文字を書いている場面がとられている。

www.youtube.com

ビデオは学芸員の女性がブリューゲルの里帰りについて話している。

 

展示スペースはどの部屋もすばらしい。

f:id:cenecio:20151227132400j:plain

f:id:cenecio:20151227132914j:plain

クエンティン・マサイス( Quentin Massys) 1520年ころのキリスト架刑。

f:id:cenecio:20151227132633j:plain

マグダラのマリアがドラマチック。

 

f:id:cenecio:20151227134141j:plain

ステンドグラスのコレクション、美しくてうっとりする。

 

http://www.visitflanders.com/en/binaries/mayer-van-den-bergh%28c%29antwerpen-tourisme-en-congres2_tcm13-8757.jpg

Museum Mayer van den Bergh | VISITFLANDERS

美術館入り口。個人的には「ルーベンス美術館」よりずっとおもしろく、内容も濃かったと思う。

詳しくはこちらのサイトへ。

Topstukken | Museum Mayer van den Bergh

f:id:cenecio:20170608085901p:plain

f:id:cenecio:20170608085930p:plain

f:id:cenecio:20170608090144p:plain

Pissen tegen de maan | Museum Mayer van den Bergh

 

*資料 

民俗博物館最後の日。パンフレット。

f:id:cenecio:20160623175431j:plain

f:id:cenecio:20160623175439j:plain

Antwerpen viert één eeuw Volkskundemuseum | Indymedia.be

Antwerpen viert één eeuw Volkskundemuseum
John Moussiaux20 augustus 2007 – 02:33

Op 18 augustus 1907 ging het Antwerpse Volkskundmuseum open voor het publiek. Het sloot definitief zijn deuren in de Gildekamersstraat deze zondag. Afspraak in het MAS in het voorjaar van 2010.

http://www.indymedia.be/index.html%3Fq=files%252Fimagecache%252Fnode-page%252FDSCF3437.jpg

http://www.indymedia.be/index.html%3Fq=files%252Fimagecache%252Fnode-page%252FDSCF3399.jpg

http://www.indymedia.be/index.html%3Fq=files%252Fimagecache%252Fnode-page%252FDSCF3710.jpg

 

http://www.indymedia.be/index.html%3Fq=files%252Fimagecache%252Fnode-page%252FDSCF3674.jpg