読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞記事から 2月 カーニバル、じゃんけん

新聞・TV・ニュースまとめ ベルギー

f:id:cenecio:20160215152032p:plain

http://www.demorgen.be/buitenland/polen-verslikt-zich-in-praalwagen-op-duitse-carnavalstoet-b8e7f1a9/

ドイツ、デュッセルドルフのカーニバル。風刺たっぷりの山車が登場することで有名なのだが、ちょっとこれはひどいと思う。普通に見たら、一国の独裁者が国民に圧政をしいているようにみえるだろう。でもこの人ヤロスラフ・カチンスキは議員の一人にすぎず、そんな力があるはずないのだ。あれ、大統領だったんじゃ…。それは双子のきょうだいレフのほう。あの不可思議な5年前の事故(事件?)。レフと妻、議員や軍人ら90人を乗せた飛行機がロシア領土内で墜落し、全員が死亡したのである。

カチンスキの右派政権を風刺しているつもりなのか。悪趣味だと思う。もちろんカチンスキ氏もお怒りだとポリティコ紙が伝えている。

 

2枚目の写真は難民の波に文字通り呑まれるメルケル。

f:id:cenecio:20160516175025p:plain

 

3枚目はイジりがいのあるトランプ氏。

 

f:id:cenecio:20160516175148p:plain

 

ベルギーにおけるじゃんけん

f:id:cenecio:20160215160520j:plain

わかりづらいかもしれないが、ベルギーの地図で、南の半分、すなわち黄色がワロン(フランス語地域)。北半分のフランドル地域において、「じゃんけん」のことをどう言うか調べたもの。

①blad-steen-schaar すなわち葉っぱ、石、ハサミ

なのか

②schaar-steen-papier ハサミ、石、紙

なのかである。

地図のオレンジが①の地域、左右に分かれている。

赤が②の地域だが、おもしろいことに首都ブリュッセルからアントウェルペン州全体を含む細長い地域である。

子供たちにインタビューしたところ、両サイドとも自分たちのほうが発音しやすくていいと言っている。出身が異なる者同士のじゃんけんは息があわなくて難しいらしい。

 

もうひとつおもしろいと思ったのは、

f:id:cenecio:20160215160347p:plain

勝ったチョキはパーの紙を切る真似をすることである。

おわり。

 

f:id:cenecio:20160516175341j:plain