読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピッカピカの黄金週間・外食

 

*別ブログの日記を保存しています。

 謳歌

f:id:cenecio:20160507083710j:plain

ラベンダーと撫子、今朝見たらぐんと美しくなっていた。

ベルギーにいる間、植物の世話は全くしなかった。壁際に押しやられ、雨が吹き込んだ時だけ水分がもらえるという、過酷な時期を見事に生き抜き、この麗しい季節に、主張するふうでもなく、すずやかな面差しで

「どう、わたしはきれいでしょう」

「すっごくきれい。今までごめんなさい。ずっと大切にするよ」

 

f:id:cenecio:20160507083728j:plain

虫が嫌いな人には申し訳ないが、アゲハ蝶の幼虫が日に日に大きく育っている。葉の裏には新しく産み付けられた卵が…。我が家の柑橘系はすべて蝶のエサなのだ。一階に二鉢、二階ベランダに二鉢ある。

 朝顔

f:id:cenecio:20160507083738j:plain

今はこのくらい。夏日が二日ほどあったので、急にムクムク出てきた。

 

小さなフレンチのお店

家族そろって久々の外食。というのも息子が海外から帰ってきたのが10日前で、なかなか時間が作れなかったのだ。

フレンチのおいしいお店Le Troquetに予約に行く。

f:id:cenecio:20160507092546j:plain

左もお店だけど、右のさらにこじんまりしている方。「明日、予約したいんですけど」

「奥のテーブル、用意しますね。おいしいワインも出しておきます」きさくで腕のいいシェフです。

前菜、メインといろいろ楽しんだのだが、中から3品だけ簡単に紹介する。

1.クスクス

この店で食べるのは初めて。羊と鎌倉の農家からくる野菜を使い、アラブ風ではなく、フランス料理の煮込みに仕上げていた。

f:id:cenecio:20160507084132j:plain

2.スズキのパイ包み

f:id:cenecio:20160507084142j:plain

開くと中にこごみが入っていた。山菜の季節ということで。

 

3.トリップのカツレツ

f:id:cenecio:20160507084154j:plain

メニューを見てビックリ!トリップ(tripe)は日本で「ハチノス」と呼ばれる内臓肉である。独特の臭みがあり、下処理に時間がかかる。フランスでは煮込みにするのが一般的だが、シェフはカツにするというのだ。

f:id:cenecio:20160507094253j:plain

大きなサイズを一枚、細かいパン粉で上手に揚げている。

f:id:cenecio:20160507084207j:plain

下のソースと絡めて食べるのだが、正直ソースはいらないと思う。辛子でよかった。

でも油で揚げるなんて、聞いたこともなかったのでおもしろい味覚体験だった。

f:id:cenecio:20160507084228j:plain

9時近く。カウンターも満席で、お客さんの楽し気な笑い声が路地に響いていた。

 

f:id:cenecio:20160507082943j:plain

うちに帰ると「どこ行ってたの?あたしを置いて」。

息子の腕におさまり、安心する。

 

連休の小さな思い出でした。

Add Stary-gardeny-gardeny-gardeny-gardeny-gardensinsintuusinsinsintuusinsinsintuusinsinsintuusinsinsintuusinekarinekarinekarin
  • さらさら (id:ekarin)

    撫子は香りも好きだな~♪

    山菜のパイ包みとか珍しい♪山菜もパイになるのね~(⌒‐⌒)

  • id:cenecio

    そう、珍しいというかオリジナルなひと皿を、あくまでフランス料理をベースにして作るシェフなんです。アイディアは無尽蔵みたいです。