読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

園芸家に背中はいらない カレル・チャペック

*別ブログの日記を保存しています。

  きれいなお庭だなあ

とよそのお宅を眺めていると、人がにゅっと急に立ち上がって、びっくりすることがある。しゃがんでいたんだね。そして腰をいたわる仕草をする。わかる、わかる。ちょっと微笑んでしまう光景だ。それで思い出した本を紹介する。

 

楽しい園芸エッセイ

園芸家というものが、天地創造の始めから、もしも自然淘汰によって発達したとしたら 、おそらく無脊椎動物に進化していたにちがいない。いったい、何のために園芸家は背中をもっているのか?ときどきからだを起こして、「背中が痛い!」と、ためいきをつくためとしか思われない。(略)

ただ、背中だけは、いくら曲げようとしても、曲がらない。ミミズにだって脊椎はない。うわべだけ見ていると、ふつう、園芸家は尻で終わっている。(略)

せめて、もう一寸でいいから背が高くなりたいと思っているひとがいるが、園芸家はそういう人種ではない。それどころか彼は、からだを半分に折ってしゃがみ、あらゆる手段を講じて背を低くしようとする。だから、ごらんのとおり、身長一メートル以上の園芸家は、めったに見かけない。

(『園芸家12カ月』カレル・チャペック著 小松太郎訳 p42より。下の黄色い本です)

f:id:cenecio:20160507113553j:plain

カレル・チャペック(Karel Čapek, 1890- 1938)は、旧チェコスロバキアの小説家、劇作家、童話作家、エッセイスト、ジャーナリスト、写真家。

植物、樹木、ガーデニングにも造詣が深く、いやむしろマニアックだと言っていい。この人は何でも凝り性なので、名人の域まで達してしまうのだ。

エッセイ『園芸家の12カ月』Zahradníkův rok (1929年)は、2016年の今日読んでも古びた感じは微塵もない。それどころか洗練されたユーモアたっぷりの語り口につい引き込まれて、読みながら大笑いし、うなづいたり首を横にふったり、膝を叩いたり、と完全にチャペックワールドの囚人に成り下がってしまう。まだお読みでなかったらぜひお勧めします。

ダーシェンカあるいは子犬の生活』(写真の大判のほう)はエッセイ&写真集。犬好きの人なら一発でやられてしまうだろう。つまりチャペックファンになってしまうということ。

 

チャペックの庭を覗く

1977年にチャペックの住居のまわりをうろついたことがある。その夏プラハモラビア地方を旅行し、知り合ったチェコ人に、チャペックの住まいまで案内してもらえることになったのだ。中心部からだいぶ離れていたので1人では行かなかっただろう。

もちろんチャペックは戦前に亡くなっていたし、奥さん(女優のOlga Scheinpflugová 1902 – 1968 )も故人だったが、邸宅はちゃんと管理されていた。でも塀が高くて庭は見えない。

「ああ、残念。お庭がちょっと見たかったのに」と言ったら、

「ちょっと持ち上げてやるよ」

じゃ、お言葉に甘えて。ひょい!塀の上に両手が届いたので、5秒間だけ塀の向こうの庭を覗くことができた。あまり手入れされていない印象だった。残念ながらそれ以上のことは覚えていない。あー、もうバカバカ、私のバカ。そんな稀有なチャンスに何も学ばないなんて!

 

遠く離れた日本にいても

すると最近は インターネットなる便利なものがあり、去年「ミセス」で特集号。へー、全然知らなかった。図書館に行って読んでこよう。 

f:id:cenecio:20160507145211p:plain

そしてもっと凄いのはなんと

f:id:cenecio:20160507182326p:plain

庭が見られるようになる。家だけでなく住居の中も。

しかし庭の再構築作業はなかなか大変らしい。それは『園芸家の12カ月』を読めばわかる。なにしろ庭づくりには大変なこだわりようなのだから。

 

f:id:cenecio:20160507185524p:plain

f:id:cenecio:20160507185309p:plain

f:id:cenecio:20160507185402p:plain

庭と書斎。下のサイトから借りている。(チェコ語

praha.idnes.cz

 

庭の復元作業の様子。(チェコ語

f:id:cenecio:20160507184130p:plain

www.novinky.cz

 

 そして「はてな」にもチャペックについて熱く語っている方がいらっしゃいました。

紹介させていただきます。

chiba8.hatenablog.com

新しい訳『園芸家の一年』も読んでみなくちゃと思いました。

 

 追記:5月20日

『園芸家の一年』には写真が豊富で、素晴らしいです。あと2ページあります。

ただ翻訳は小松太郎氏のほうに軍配をあげます。ドイツ語からの重訳ではありますが、リズム感がエッセイの内容にぴったりだと思いました。

f:id:cenecio:20160520183209j:plain

 追記:

チャペックは「ロボット」の生みの親

戯曲『人造人間R.U.R.』(平凡社1968年)で初めてロボットという言葉が使われます。

f:id:cenecio:20160530145708j:plain

 

チャペックは「ロボット」という言葉の生みの親と言われていますが、本当はちょっと違います。上記の本の始めに、カレル・チャペック自身の解説があります。

「ロボットという言葉の起源」(来栖継訳)

 人造人間を何と呼ぼうか思案しているとき、画家の兄ヨゼフに相談した。すると「それじゃロボット(Robot)と呼ぶことにするんだね」と言われた。この言葉の誕生の功績は、生みの親ヨゼフにある。

 

cenecio.hateblo.jp

 

chiba8
sinsintuusinsinsintuusinsinsintuusinsinsintuusinsinsintuusiny-gardeny-gardeny-gardenekarinekarinekarinmatty0102matty0102matty0102
  •  

  • 山田ガーデン (id:y-garden)

    早速読んでみたいと思います。
    面白い本をご紹介くださり、ありがとうございます!

  • Matty (id:matty0102)

    面白そうな本ですね。読んでみたいと思います。

  • id:cenecio

    Mattyさま、おはようございます。ぜひ読んでみてください。気に入ったら、人にプレゼントするのもいいですね。花束に添えて贈ったことがあります。

  • id:cenecio

    山田ガーデンさま、おはようございます。
    きっと気に入ると思いますよ。
    チャペックの翻訳はたくさん出ていますが、ほかに旅行記がおもしろいです。